| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR哲也~雀聖と呼ばれた男~天運Ver.

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 12 店舗あります。(2017/09/26現在)

県名 市区郡

調査日:2017/9/25

集計情報

閉じる

導入開始:2010年02月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 小当り、潜伏確変、出玉振分、8個保留、モード
大当り確率 1/149.3 → 1/18.66
確変率 78%
確変システム 次回まで
時短システム 電サポ中の通常当り後20or40or60or100回転
平均連チャン数 5.6回
賞球数 3&3&10&10
大当り出玉 約60 ~ 1040個
ラウンド 2or9or15
カウント 8

大当り図柄

大当たり図柄1
大当たり図柄2

閉じる

台紹介

本機は、MAXバトルタイプとして登場した『CR哲也』のライトMAXタイプだ。

大当りは3種類あり、「雀聖ボーナス」と「ジャンプアップボーナス」は下アタッカー9or15R開放、「天運ボーナス」は上部アタッカー15or30or45回開放のランクアップボーナスとなる。
このほか、主にモード移行用として使われる2R通常・2R確変の際も60発ほどの出玉が得られるので、打ち出しを止めないよう注意したい。

大当り終了後は確変確定状態の「雀聖モード」へ突入。


玄人たちとの対戦が展開され、哲也・ダンチのいずれかが勝てば大当り+確変継続、敗北すると確変or時短の「玄人モード」へ移行する。


「玄人モード」では師匠である房州との対戦が展開され、哲也が勝利すれば大当りだ。

約1/150と軽い初当り確率にもかかわらず、確変継続率は78%と高くなっているため、一撃の連チャン性能は侮れない高さとなっているぞ。

閉じる

ゲームの流れ



本機にはランクアップボーナスの「天運ボーナス」と、9R大当りの「雀聖ボーナス」、15R大当りの「ジャンプアップボーナス」の、全3種類の大当りが存在し、いずれも大当り終了後には確変確定モードの「雀聖モード」へ突入する。

雀聖モードでは、哲也・ダンチが勝利した場合は大当り確定、敗北すれば「玄人モード」へ移行。

玄人モードに移行しても確変の可能性は残っており、哲也が勝利すれば大当り確定。
終了後は再び雀聖モードへ突入となる。

また、通常時に小当りや2R当りが発生すると、確変潜伏の可能性がある[旅打ちモード]へ移行する。

長く滞在すると確変潜伏の期待が高まるぞ。

閉じる

初打ちレクチャー


連チャン性は高い反面、2R通常の連発といった目を覆いたくなるような悲惨なケースもあり得る。
初当り確率は高いとはいえ、油断せずにクギ調整の良い台で勝負することが肝心だ。

演出面では「点棒役物」「雀聖役物」といった迫力のギミックが打ち手の興奮を誘う。

これらの役物が最終形まで発展すれば高い期待度となるぞ。

また、確変確定状態の雀聖モード中は様々なチャンスUPパターンや隠れた法則が存在するので、探しながら打てばより一層アツく打てるだろう。

なお、本機には潜伏確変があるので、ヤメ時には十分な注意が必要だ。

[旅打ちモード]突入後、滞在期間が長かった場合には潜伏期待度が高いことを覚えておこう。

閉じる

フロー&モード

本機で勝利を掴むには、大当たりのループが期待できる[雀聖モード]へいかに突入させるかが重要。



主な突入契機は大当たり(天運ボーナス・雀聖ボーナス)時となっている。また、ジャンプアップボーナス後も雀聖モードに突入する。つまり、2R当り以外は全て雀聖モードに突入する、と覚えておけばOK。

大当たりのチャンスを逃さないためにも確変潜伏は捨てないようにしたい。本機では[旅打ちモード]突入時に確変潜伏の可能性があるのでしばらく様子を見よう。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:3,325

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:25

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR哲也~雀聖と呼ばれた男~天運Ver.

(C)さいふうめい・星野泰視/講談社, (C)DAIICHI

メーカー メーカーHP
大一 大一

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。