| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
■ 5,631件の投稿があります。
<  564  563  562  561  560  559  558  557  556  555  554  553  552  551  550  549  548  547  546  545  544  543  542  541  540  539  538  537  536  535  534  533  532  531  530  529  528  527  526  525  524  523  522  521  520  519  518  517  516  515  514  513  512  511  510  509  508  507  506  505  504  503  502  501  500  499  498  497  496  495  494  493  492  491  490  489  488  487  486  485  484  483  482  481  480  479  478  477  476  475  474  473  472  471  470  469  468  467  466  465  464  463  462  461  460  459  458  457  456  455  454  453  452  451  450  449  448  447  446  445  444  443  442  441  440  439  438  437  436  435  434  433  432  431  430  429  428  427  426  425  424  423  422  421  【420】  419  418  417  416  415  414  413  412  411  410  409  408  407  406  405  404  403  402  401  400  399  398  397  396  395  394  393  392  391  390  389  388  387  386  385  384  383  382  381  380  379  378  377  376  375  374  373  372  371  370  369  368  367  366  365  364  363  362  361  360  359  358  357  356  355  354  353  352  351  350  349  348  347  346  345  344  343  342  341  340  339  338  337  336  335  334  333  332  331  330  329  328  327  326  325  324  323  322  321  320  319  318  317  316  315  314  313  312  311  310  309  308  307  306  305  304  303  302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1  >
【4191】

RE:いつか見た恋蛍〜osteri...   編集  評価

桜迷路 (2020年05月07日 01時36分)

ひさしぶりに可愛いAAを発見したお部屋のみなさま こんばんは〜<(_ _)>


◆拳治郎さん

>顔面キャッチ物語

フリッツフォンエリック??(^^;)

    ∧蛍∧
   (・ω・) 。・゜・⌒)
    /  o━ヽニニフ))
   しー-J

おっと〜こぼれそう…(-_-;)


◆バジカフェさん

>パイセンどうしてっかな〜

うむむ…あの深夜の助手席はバジカフェさんだったのかも?(^^;)

>ひつまずし

会長さんがそう言ったってことですよね?

>自社の防犯カメラと思い込んでます

う〜ん…ますます会長さんが好きになりそうな自分がコワイ…

(#^^#)(#^^#)(#^^#)


◆ミヤビンさん

>藤原とうふ店

おお!! パンダ白黒トレノですね!! もしかして高速なら「湾岸」かも?(^^;)

>ZOOM むむっ! はいからですね

   ,.'´    ヽ.
  rv‐,ノノ)ノ))〉
  レV、!^ ヮ゜ノV
  ((/ ^y^ソ ))
   / .l二二 >ζ
 . |(ノ| i. o.i!)
   L_,Li‰_i 」
    (っっ

はいからさんが通る?


◆咲姫さん

先ほどレスして、思い切りサンドイッチされまして…あらためて投下…(^^;)

超絶スペシャルプレミアストーリー、また明日にでも読ませていただきます。

  ∧_∧  ☆彡☆彡
 〔-ω- =〕   ☆彡
  とと_(_)o 
【4190】

いつか見た恋蛍 第一話   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時44分)

☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆






 ▼prologue...



 青く蒼く透き通ったその水に
 
 天からの光が容赦なく突き刺さる

 突き刺さった光は石に反射して 

 せせら笑いながら稚魚たちに会釈する

 稚魚は水面を踊りながら 空に舞う 空に舞う




 童は裸足で跳びまわり 稚魚と一緒に跳びまわり

 陽が落ちるまで駆け回る

 運ぶ間に 小さな掌すり抜けた

 動きし跳ねるものは 掌の色に

 いつしか遠くに祖母の声 祖母の声


 熱き紅きは夕焼けの空










 本家の裏道 小高く盛り上がった坂道を上って
 すぐさま降りていくと そこには小さな澄んだ小川があった


 暑くて汗びっしょりで 下校した夕暮れ 


 日課のように 毎日 裸足でその小さな丘を駆け上がり
 不揃いの砂利にまみれた坂を 駆け下りていく



 足はところどころ尖った小石で切れては 赤く滲む水
 その赤は 紅い夕暮れへと溶け込んだ――――――









 ――――――気づけば私は、ここで遊ぶようになっていた



☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆
【4189】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時43分)

☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆




 【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】



 驚くほどの田舎道。
 バスは1時間半に1本。
 電車の駅は近隣にはない。

 子供用の自転車では上り切れない坂も沢山あり、
 それを当たり前のことだと認識していた5つの初夏のことだった。


 今から思えば、田舎の独り立ちは都会に比べ、数歳早い様な気がする。
 何となくではあるが、4〜6歳になる頃には
 自分のことは自分で誰に教わったでもなくこなす様になっていた。


 スーパーへの買い物、電車・バスの乗り降り、
 緊急の場合の公衆電話のかけ方、
 困ったトキの連絡と対処……etc…etc


 それは、『生きていくための知恵』
 とでも言えば良いのだろうか。

 スーパーでさえ、車で1時間以上走らせないといけなかった。
 勿論、コンビニなど無い。

 なので、お腹が空いたら
 『お金を握りしめて買いに行く』
 …という現代の様な発想は当然なかった。

 
 お腹が空いたら、自分の家の畑で、
 『トマトやキュウリをもぎって小川で洗って食べる』
 
 …が正しい図式であった。


  これから話すのは、そんな時代の幼き日の想い出、


 自然界の弱肉強食の儚さと踏襲を
 現実の動物世界に教わる形で
 まざまざと、生々しくも
 脳裏に鮮やかに焼きつけられた
 ある夏の日の遠き良き想い出である。



☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 
【4188】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時51分)

☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 


  【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】



 毎日歩く土手があった。
 小川の上には土手があり、見渡す限りの田園と畑を一望できた。


 その土手には椚の木々や桜の木、柿の木など
 年中何かしらの実が成り、その実を目当てに沢山の生物が
 奪い合うでもなく、また譲り合うでもない形で群がり、実を食し、
 それぞれの欲求を満たしていた。


 動物というのは、『食』に対する欲求は共通であるような気がする。


 その食し方、得る方法はそれぞれ違えど、
 生きるために食す。

 例えばそれが微生物であったり植物であったり、
 動物であったりと。


 ・


 土手を歩くと、幼子の胸まで届きそうな草木が茂る。
 いいや、若しくは目の高さを超える草木もあった。
 昇りやすそうな凹凸の激しい、低めの木々も鈴なりに茂る。

 昇り放題のその光景は、
 今でいうロッククライミング顔負けの
 自然に出来あがったアスレチックともいえようか。


 ――――それは、
 泥団子を作ったり、秘密基地を作るには適した環境だった。


 
 ・


 因みに泥団子を隠す場所は、
 『秘密過ぎない場所』が適度であった。


 分からな過ぎれば、自分が探せない。
 しかし、あからさまであると敵陣に見つかってしまうからだ。


 この『敵陣』というのは、
 秘密基地を組む陣営のことであった。

 
 遊ぶ友人たちと、『陣』を組む。

 
 学校が同じ友人達とは家が離れているので、
 遊ぶ友人は、近隣の友人となっていた。


 性別問わず、年齢問わず、
 朝から陽が落ちるまで毎日遊んだ。


☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 
【4187】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時55分)

☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 


  【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】




 泥団子は丁寧に作れば作るほど、金色に光る。
 何度も何度も泥で固め、サラサラの砂をかけ、両手で磨き上げ、
 金色にするのである。


 泥で団子を作って、なぜ金色に?と首を傾げる方もおられよう。
 しかしながら、子供の遊びで『金団子作り』は初歩的な遊びである。
 それは凡そが『秘密基地』とセットで考えられる。



 『安全な基地の場所はどこに設置するのが良いか』
 『基地から宝物を出し入れできる金団子の隠し場所をどこに置こうか』



 子供ながらの拙い考えではあったが、
 大人になったトキの世界の考え方や、野生動物のそれとも、
 何ら変わらないように思えた。








 ・


 草を刈ったり、整えたり、町の係の方が来る姿を見たことはない。
 草木は町民たちが手分けして季節ごとに手入れする。

 人口の少ない町であるゆえ少ない人手ではあったが、
 コメ農家や果物農家、昔ながらの有機野菜農家が田畑を守っていることもあってか、
 土手の上の草もスパンは遠かったが定期的に刈られていた。


 荒れ放題という訳でもなかったが、それなりに大小があって、長短があった。
 短い草が続いたかと思えば、茫々と生い茂った箇所もあった。


 基地に適した場所は茫々に生い茂ったサキの
 太い木に囲まれた柔らかい土の大地だった。
 その場所に泥を掻き分け、砂と石を積み、土台を作る。



 また、金団子を隠す場所は、決して基地にはしないのが掟であった。
 
 基地が探し当てられたトキに失う財産を、
 最小限にするためだった。





 
☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 
【4186】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時37分)

☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 



  【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】





 その日私は基地の宝である『金団子』を隠す場所を探していた。

 幼い自分の膝下くらいに生い茂った、
 人差し指くらいの太さの草が片間って生えているポイントが無数にあった。



 私たちはこのポイントを
 『D・P(団子ポイント)』と呼んでいた。




 迂闊に決めてはならない。
 敵陣の鼻の効く上級生チームには強者が要るからだ。
 何となく、隠している場所を引き当てる。


 いわば『引きのイイ人』。



 その『引きのイイ人』に『D・P』を嗅ぎ付けられないよう、
 入念に場所候補を探し、また歩き、探す。
 メンバーに幾つかの候補を伝え、


 『よし、ここだ。』


 と、みんなのGO!サインで場所を決める。
 場所は最大5か所までだ。


 基地でみんなで拵えたその金団子を、
 団子部隊が『D・P』へと運び出す。

 下級生でまだ小さいカラダだった私は、
 それを運び出す役目だった。
 


 運び出す曜日は、互いに決めていた。
 何らかのヒントを敵チームにも知らせるためだった。


 いよいよ運び出す曜日だった。
 それはまるで、小さなひな鳥を自分の嘴で掴み、
 巣替えをするトキの様だった。



 ☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 
【4185】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 00時36分)

 ☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 



  【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】




 本来は少し曇天の方が良い。
 薄っすらと雲がかかって、いかにも雨が降る前が一番良かったが、
 過ぎたるは猶及ばざるが如しで、いざ雨が降ってしまっては
 当時、宝と称した金の団子は脆く崩れてしまうため移動は不可能となる。




 ―――丁寧に、一つずつ運び出す。
 ―――割れない様に、両手で優しく包み込む。





 その曜日は早朝から晴天だった。
 金団子の移動係だった私は、予め味方の陣で決めていた『D・P』に着いた。
 丁度膝丈の、人差し指の太さの草草が生い茂った秘密の隠し場所。

 



 そのトキだった。
 青々と、
 いいえ、少し黄緑に白けていた生物が目に飛び込む。
 それは蟷螂(カマキリ)の脱皮だった。





 つい先日見つけた蟷螂は、小さな虫を食べていた。
 そしてその前に見たカマキリは、蝶を捕まえて、
 まさに捕獲直後の様子だった。



 なのにその日は、いつも見る蟷螂の胴体の色とは全く違った黄緑寄りの
 エメラルドグリーンで、正しく『幽体離脱』の様だった。



 生物というのは――――自然界というのは、
 どうしてこんなにも、神々しく、神秘的なんだろう。




 私は、金団子を隠すことなどすっかり忘れ、
 その脱皮を終える蟷螂をずっと凝視していた。




 ・

 

 脱皮した蟷螂は、微かに首を上下に振って、ゆっくりと羽根を拡げ
 私の視界を遮る様に飛び立っていく。

 

 数時間経っていたのかもしれない。


 ☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 
【4184】

いつか見た恋蛍〜自然界の掟〜   編集  評価

咲(サキ)SAKI (2020年05月07日 01時03分)

 ☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆ 

 

 【 弱肉強食ノ話 / 第一話 〜蟷螂の編〜】



 そんな神々しい景色を見たあの日から、2ヶ月が経ったある日のことだった。
 


 相も変わらず基地遊びをしたり、
 木に登っては降りられなくなったり。
 
 何日もかけて作り磨き上げた金団子を隠しては
 雨の日までの命であると分かりながらも
 敵陣の宝を探し求める日々を、いつものように過ごしていた。



 
 脱皮しては大きくなり、成長を続けてきたのか、
 それともあの夏の日の蟷螂とは別の種類の蟷螂だったのかもしれない。


 軽くふた回り以上は大きくなっていた。



 が、明らかにあの日の蟷螂とは色も大きさも違っていた。


 その蟷螂が、
 なぜか私たちの基地のすぐ傍までやって来て、
 全く動かずに、ただただ、じっ……としていた。




 先日の神々しい蟷螂の姿が目に焼きついていた私は、
 やや警戒心を持つだろうその蟷螂にまたもや目が釘付けになった。



 10分ほどは経っていただろうか。


 それはあまりにも突然で、当時の幼な子には
 あまりにも想像しようのない出来事だった。



 ――――――― ポキッ ――――――――




 凛々しい雄と思われるその蟷螂の上半身が、
 生い茂った草の中に真っ二つになり、傾き落ちた。




 よくよく見つめると、その蟷螂のすぐ傍に、
 生い茂った草と同色の一回りも二回りも大きな蟷螂が、
 その雄の胴体の最下部をその両手でしっかりと掴み、
 私と目が合うことなく無心に………
 ただただ無心にむしゃむしゃと食べ続けていた。



 その後も、同じような光景を
 幼い5歳〜6歳の頃に、早くも何度も何度も目撃することになる。


 その後、自然界での常識を見せつけられることになる。
 蟷螂の獰猛さ――――――それは、たった一匹で
 自分よりも数十倍大きな小鳥や、蛙を食す姿までも。
 

 それはそれはあまりにも衝撃的な、夏の終わりのことだった。

 



 【了】



 ☆*。 。;*+ \ *。;。      ☆                  \
+。;。* \。;・* ☆・。; 。・・。 ☆。・;。・★ ・。; 。・・。 ☆。・;。・ 
\    ☆  ・。; 。・・。 ☆。・;。・☆'・:*;'・:*'・:*'・:*;'・:*'☆
 ☆・。; 。・・。 ☆。・;。             ・☆*。 。;*+    \ *。;。
      ,. \ :*
    \  + ☆
\ :* ' ☆
【4183】

RE:いつか見た恋蛍〜osteri...   編集  評価

拳治郎 (2020年05月06日 23時41分)

西村大臣 vs 吉村知事  


ムラムラ勃発かと思いきや


吉村知事  Twitterで西村大臣に速攻お詫び



そんなことで言い争う時間は  今はナイ

ってことなんやろなーと思いますた

※橋下さんが煽りすぎ?



月初に娘からLineで

アベノマスクが届いた写真が来ました

住民票  そこには移してないんですよね


日本郵政の全住所配布システム

アタシ、初めて聞いた言葉だったんですが

ホントにあるんですね?  なんだか

空室のポストにも入ってる気がしなくもないんですけど

※間違ってたらスミマセン


ではでは  また来週^^;  ←おーい


(^.^)
【4182】

RE:いつか見た恋蛍〜osteri...   編集  評価

拳治郎 (2020年05月06日 19時33分)

何かオモロイことないかなー?と考えてるお部屋の皆さん こんばんは


ここんとこ TVも再放送が多くなってるので 

本日は 過去に書いたかも? でも書いた記憶がイマイチない?

ある少年の顔面キャッチ物語




なお、ここから先は  

お食事中の方や 美味しいお酒をお飲みになられている方 楽しく団欒されている方は 

くれぐれもご遠慮下さいませ(R20指定




昔々 あるところに 乗り鉄の少年が おったそうじゃ


高校入学前の 春休みのとある日 時刻表と睨めっこしていた少年は 


大阪駅から福知山線に乗って 三田経由で福知山


そこから山陰線に乗り換えて 京都経由で大阪駅に戻る 日帰り旅行を思いつきました


当日は 雲ひとつない晴天 これ以上ないお天気でした



今でこそ 福知山線は電化されておりますが 当時は未電化区間


大阪駅から DD51(ディーゼル機関車)が客車を牽引しておりました


当然 客車には冷房なんぞございません その日は少し汗ばむような陽気


暑さを感じた少年は 窓から顔を出して 周囲に広がる田園風景を楽しんでおりました



暫くすると どこからか まるで霧吹きを吹いたような細かい水が 少年の顔に降りかかります


田園に撒かれている水が風に乗って流れてくるなんて なんて気持ちがいいんでしょう! 


乗車して2時間ほど 尿意を感じた少年は 車両前方の厠へと向かいます



中に入ると 和式の便器が鎮座しており 金隠しの手前に開いていた 小さい穴から 


少年の目に飛び込んできたのは まさかのバラスト(線路に敷いてある石


こ、これは… なんて気持ちが悪いんでしょう!



このことがトラウマになった少年はその後 どんなに暑くても


新幹線の窓から顔を出すことはありませんでした



↓ 続く
<  564  563  562  561  560  559  558  557  556  555  554  553  552  551  550  549  548  547  546  545  544  543  542  541  540  539  538  537  536  535  534  533  532  531  530  529  528  527  526  525  524  523  522  521  520  519  518  517  516  515  514  513  512  511  510  509  508  507  506  505  504  503  502  501  500  499  498  497  496  495  494  493  492  491  490  489  488  487  486  485  484  483  482  481  480  479  478  477  476  475  474  473  472  471  470  469  468  467  466  465  464  463  462  461  460  459  458  457  456  455  454  453  452  451  450  449  448  447  446  445  444  443  442  441  440  439  438  437  436  435  434  433  432  431  430  429  428  427  426  425  424  423  422  421  【420】  419  418  417  416  415  414  413  412  411  410  409  408  407  406  405  404  403  402  401  400  399  398  397  396  395  394  393  392  391  390  389  388  387  386  385  384  383  382  381  380  379  378  377  376  375  374  373  372  371  370  369  368  367  366  365  364  363  362  361  360  359  358  357  356  355  354  353  352  351  350  349  348  347  346  345  344  343  342  341  340  339  338  337  336  335  334  333  332  331  330  329  328  327  326  325  324  323  322  321  320  319  318  317  316  315  314  313  312  311  310  309  308  307  306  305  304  303  302  301  300  299  298  297  296  295  294  293  292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1  >
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら