| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR及川奈央のフルーツスキャンダルTRZ

設置店検索

全国の設置店 0 店舗

の設置店 0 店舗 ※告知/更新順

このエリアに設置店はありません。

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
オリンピア
型式名
CR及川奈央のフルーツスキャンダルTR,CR及川奈央のフルーツスキャンダルTRZ
タイプ
デジパチ
仕様
突然確変、突然時短、突然通常、小当り、潜伏確変、リミッタ、8個保留、入賞口ラウンド数変化、モード、右打ち
大当り確率
1/118.5 → 1/39.48
確変率
100%
確変システム
次回まで(7回リミッタ)
時短システム
大当り後30or50or70or100回転
平均連チャン数
9.9回
賞球数
3&3&10&10
大当り出玉
約430個
ラウンド
7
カウント
7

台紹介

本機は、セクシータレント「及川奈央」さんとのタイアップ機。
お色気全開の液晶演出には、健康な男子諸君は別の意味でドキドキすること請け合いだ。


さらに、本機には驚きの新機能が搭載されているぞ。
まず抑えておきたいのが、新機能「ナンバーリンクシステム」だ。これは、揃った数字分だけ連チャンのチャンスが生まれるというステム。

例えば、3が揃えば最大3連チャン、7が揃えば7連チャンが保障される「ミリオンビッグ」だ!

※まれに2Rも含む

しかも、大当たり中ミニゲーム等の結果によっては、揃った数以上に連チャンすることもあるぞ!

液晶右に搭載された役物にも注目。

ナニかを髣髴とさせる「NAOバナナ」が搭載されている。

チャンス時にはこのバナナが倒れて伸びて発射するという、何とも言えないコミカルなアクションを行うぞ。

約1/120とはいえ、通常時の潜伏確変割合が高いために荒い勝負になりやすい。奈央チャンのセクシーアクションに癒されながら大連チャンを目指そう!

閉じる

ゲームの流れ

大連チャンを呼び込む可能性のある[天国モード]への入り口は、図柄揃いまたはバカンスモードからの移行となる。


通常時の直撃当りも存在するが、2R確変時に移行する電サポ付き「バカンスモード」中が大当たりの大チャンスとなるぞ。


その他、2R当たり時に「わくわく出発準備モード」へ突入すると、内部確変の期待度がアップする。

なお、連チャン後のバカンスモード中は「ミリオンビッグ」の出現率が飛躍的にアップ。

引き戻せば大連チャンが期待できるぞ!

閉じる

初打ちレクチャー


本機では、電サポ中および大当たり中は右打ちで消化する。

誤って通常打ちしてしまうと、2R当りが発生し、連チャン回数が減ってしまうことがあるので、細心の注意を払おう。

予告演出では、群予告や虎柄を伴った演出の期待度がひときわ高い。


リーチ演出では、奈央チャンの実写ムービーによる演出の期待度が高い。

特にビーチを舞台とした「ビキニリーチ」は大当たりの大チャンスとなっているぞ。

また、本機は二桁の連チャンも珍しくない爆発力を持っているので、十分な時間の余裕を持って打つことを心がけたい。

閉じる

フロー&モード

通常時から電サポの付く「バカンスモード」に移行したら、出玉あり大当たりを引く大チャンス。

ここでは7セグによるリーチ演出が繰り広げられるぞ。

「わくわく出発準備タイム」は内部確変の期待が高まるモード。

モード移行は主に3消灯演出から発展する「モードアップチャレンジ」で行なわれる。

ルーレット上に投げられた玉の行方に注目しよう。


主に2揃い以上の出玉あり当り後に突入する「天国モード」は、次回当り(2R含む)まで継続する電サポモード。
バカンスモードから「天国モード」へ突然移行することもあるぞ。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:909

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:3

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR及川奈央のフルーツスキャンダルTRZ

(C)及川奈央/5.on, (C)OLYMPIA

検定番号:9P0610,9P1156
導入開始:2010年02月

統計情報

調査日:2019/4/22

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。