| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CRAゴースト ニューヨークの幻FPW

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 18 店舗あります。(2017/07/23現在)

県名 市区郡

調査日:2017/7/22

集計情報

閉じる

導入開始:2008年12月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 突然確変、小当り、潜伏確変、8個保留、入賞口ラウンド数変化、モード
大当り確率 1/99.9 → 1/14.1
確変率 65%
確変システム 次回まで
時短システム 通常当り後30回転
平均連チャン数 3.9回
賞球数 3&3&5&10&10
大当り出玉 約440個
ラウンド 7
カウント 8

大当り図柄

確変図柄
チャンス図柄

閉じる

台紹介

世界的大ヒットを記録した恋愛映画とのタイアップ機として登場した『CRゴースト ニューヨークの幻』。
本機『~FPW』は、その遊パチver.となる。



様々な場面で可動する「天国の光役物」「LOVEハート役物」などのギミック群が液晶と連動して演出を盛り上げる。


また、多彩なモード演出、リーチアクションなど、原作の世界観を忠実に再現した演出が盛り沢山となっており、プレイヤーを感動の渦へと巻き込むだろう。

スペックは大当り確率 1/99.9、確変継続率65%の遊パチタイプ。
遊びやすくなった分、さらに感動の機会が増えること間違いナシだ。

閉じる

ゲームの流れ

潜伏確変の可能性があるチャンスモードは「LOVE MODE」「SUPER LOVE MODE」の2種類が存在。

●SUPER LOVE MODE
  (確変確定?・電サポなし)

「SUPER LOVE MODE」は「LOVE MODE」からのモードアップなどが突入契機で、内部確変は確定!?
大当りは目前の大チャンスモードだ。

●愛の記憶モード
  (確変・電サポあり)

「愛の記憶モード」は確変図柄揃い大当り後や2R確変の一部で突入する電サポ付き確変確定のモード。

チャンス図柄揃い大当り時に確変昇格しなければ、終了後に30回転の時短モードへ移行する。

閉じる

初打ちレクチャー


本機は特に難しい打ち方は必要ないが、モード移行演出がゲーム性の要となっているので潜伏確変には注意したい。

●LOVE MODE:確変or通常


また、電チュー保留の抽選からは出玉あり確変比率が大きく増加する(35%⇒60%)ため、できるだけ電チュー保留を切らさないようにしたい。


●背景ムービー予告

演出面では、リーチ成立直後に出現する可能性のある「背景ムービー予告」が高期待度。

●アンチェインドリーチ

リーチアクションでは、ストーリー系の「アンチェインドリーチ」が大チャンスとなっている。

その他の実写リーチも大当りを十分期待できるぞ。

閉じる

フロー&モード



通常時はニューヨークの様々な背景を移行しながら展開。
昼から夜に変化すればチャンスとなる。

「サム特訓モード」「オダ・メイ占いモード」はミッションやリベンジといった大当りのチャンスとなるモードだ。


潜伏確変の可能性があるチャンスモードは次の2種類。

LOVE MODE
 :確変期待度・中



●SUPER LOVE MODE
  :確変確定?・電サポなし

「SUPER LOVE MODE」は「LOVE MODE」からのモードアップなどが突入契機で、内部確変は確定!?
大当りは目前の大チャンスモードとなっている。

●愛の記憶モード
  :確変・電サポあり

「愛の記憶モード」は確変図柄揃い大当り後、もしくは2R確変の一部で突入する電サポ付き確変確定モード。

チャンス図柄揃い大当り時に確変昇格しなければ、終了後に30回転の時短モードへ移行する。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:1,132

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:1

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CRAゴースト ニューヨークの幻FPW

TM&c2008 Paramount Pictures. All Rights Reserved., (C)Fuji Shoji

メーカー メーカーHP
藤商事 藤商事

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。