| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
トピック
自民党支持者閲覧禁止 田崎史郎 編集 (2021年09月21日 22時06分)評価
まあ誰が総理をやっていてもコロナ対応には不満が出ただろうが

結局は現首相が責任を取らされた形になった

自民党総裁選

国民はバカではない

誰にせよ過半数を取れず2回目の投票になり、1位と2位が逆転したら、国民は自民党に愛想を尽かすであろう

長老の院政が続いているのは見え見え

2回目の投票で、1位が順調に当選するなら次の衆院選での減少議席数は40以下で済むだろうが

姑息な手を使うなら大巾な議席数減になると思う


消費税導入時に竹下元首相は何と言っていた?

所得、消費、資産への適切な課税

資産への課税は見送られ、企業は賃下げし法人税は減税で消費税は増税

企業は内部留保や配当で潤い、金持ちは資産倍増

小泉政権以降の政策は、勤労者にしわよせで格差拡大



このトピは衆院選までの時限的なもので、衆院選の結果を踏まえ、トピ主の見通しが誤っていたら謝罪して落とす

冷やかしの意見は遠慮して欲しい
 

■ 9件の投稿があります。
【1】 
【9】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年11月25日 23時56分)

代議士三大勢力

1)世襲議員
2)官僚出身
3)弁護士

昔は労働組合出身者や学者出身も居たが、今は元医師くらいか

製造業の現場や生産技術も知らない人種ばかり
自動車は性能向上に応じて価格が上がるが、電機電子分野は新しい製品が生まれても生産台数が増えれば値下げ

テレビで知った振りをして半導体について語っている評論家
半導体の回路設計とプロセスの違いすらも知らない
デジタル・デジタルと騒ぐが、米国のアナログICは、そのメーカーしか作れない

日本の産業は技術力の基礎となる人材の能力が90年代以降に急低下
成長の原動力となる開発力は最早風前の灯
まさかAIが人間の代わりに開発を担うと思っているバカはいないだろうな
【8】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年11月17日 22時19分)

80年代の日米貿易摩擦以前に、第一次と第二次の石油ショックがあった
当時の日本は、あらゆる技術で米国を凌駕する勢いを持っていた
民生品の技術ですらも、米国の軍事用技術を上まっていた

危機感を持っていた米国は日本を屈服させるため巧妙な手に出る
大手機械メーカーがソ連に輸出した工作機械でソ連の原潜の騒音が減少した
当時の自民党首相が大手機械メーカーに制裁を科した

経済や技術で上回る日本を弱体化するため為替操作も行われた
当時の竹下蔵相が米国で合意したプラザ合意
これをきっかけに円高が進み、いわゆる円高不況に突入した

円高を背景に日本から米国に投資や投機が行われ、米国買いが進んだ
ソニーがコロンビアピクチャーを買収し、パナソニックも米国に進出した
その後に資産が高騰するバブル景気になった

ソニーはビデオ技術でパナソニックに敗退するほどパナソニックは強かった
現在、ソニーグループはパナソニックグループの5倍近い売り上げがあり立場は逆転

米国は自民党政権の日本を制御できたが中国は制御不能
日本の武器開発はストップできても中国は武器の進化をやり放題
まさにこれこそ米国の誤算であった

バブル崩壊後に特筆すべきは、平均賃金が上がっていないのではなく初任給が下がり続けていること
90年代後半のアジア通貨危機、2008年のリーマンショック
今のコロナなど、ほぼ10年ごとに世界的な経済危機が起きている

今の日本に成長の余力があるのだろうか?
経済成長をしていないなら賃金も上げられない
物価を下げて欲しいが、物価は上がり続けているし必須の食まで物価高

なんとも暮らしにくい世の中になったものだ
【7】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年11月07日 01時30分)

トピでトピ主の予想は、
1)自民党総裁選が決選投票になり1位と2位が逆転しなかった
2)衆議院選挙で自民党の議席の減少は30以下になるだろうという点

実際に予想通りになったが、何となく違和感を感じる
与野党問わず、番狂わせも起こった


与党は地方で強く都市部で弱い
自民党政権になってからの選挙では、野党の失策で与党が勝利を続けた
前回は希望の党にかきまわされて、与党が労せずして大量議席を獲得した


維新の会は、関西圏中心だし自民とは組まないが、与党を過半数割れに追い込めなかった

安全保障だって、維新の会では議論になっていない
日本の凋落を起こしたのは自民党と米国で、米議会の反対姿勢は E-SPAN で生々しく放送されていた
次期主力戦闘機を日本が独自開発をしようとした時、米国は議会まで徹底的に反対した

日本に戦闘機を開発させてはいけない!
彼らはきっと世界一の性能のものを作るだろう!


日本では武器輸出は禁止されているが、米国になら販売できるであろう
米国は国防技術を同盟国とは言え他国に握らせたくなかった


中国が台頭してきた今、米国は後悔しているだろうが、日本の政治家で触れたのは石原都知事くらい
米国のご都合主義に付き合ってきた与党政権は、防衛技術を進化させる機会を失った
今になって成長分野への投資を言っているが、時既に遅し

日本企業は経済効率を追求して、原材料や部品を中国から輸入し、完成品を中国市場に輸出する
中国など輸出入と日本から中国への投資や中国の日本への投資を規制するだけでよい
低所得者が人口の半数以上いて、経済成長が困難となる中国など全く怖くない
【6】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

アス太 (2021年11月02日 09時33分)

で、立憲が一人ゴケしたような衆議院選挙をどう総括するのか?

バブル期は週休一日が当たり前で、残業の制限もなかった
今は週休ニ日が当たり前で、残業にも厳しい監査がはいる
単純に労働時間が減ってるんじゃないかねぇと思うわけだが
生活としてみるとかなり楽になっている
個人で電話1個持つのが当たり前、パソコン並みのスマホを使ってる
外食は種類が豊富で安価
本当にバブル以降は暗黒なのか?
マスコミに踊らされてないかね
【5】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年10月30日 17時52分)

いよいよ明日が衆議院選挙の投開票日となった

トピ主が能無しかは、明日の夜には判明するであろう
見通しが間違っており、トピ主が能無しであったら、謝罪文を書いて落とす

景気は上がり、経済成長するのだろうか?
個人消費は、趣味的なものに大金が使われるが、観光や高級クラブではない
昔のオーディオや5.1chシアター、自動車など感染の危険性が低い消費は好調のようだ
ただし、このような消費財は生産が追い付かず、かなりの納期がかかる
半導体不足なのか、需要の見誤りなのかは不明

トピ主が知る限り、消費する金を持っている人の金の使い道は、以前とは異なっている
食にも困っている人は、エンゲル係数が増大し、少しの余剰金も貯蓄に回っている
このような状況で、経済成長などできるのであろうか?

非正規雇用者が増えているが、縛られるのが嫌で自ら望み非正規雇用を選んだ人も多い
正社員の給与所得だったら、そこそこの金額になっている
給与水準で韓国に抜かれても、不動産バブルが弾けたら日本と同じ運命を辿るだろう
同一労働同一賃金など個人の能力差が出る仕事では無理
産業の新陳代謝が行われず、ゾンビ企業が増えているという構造的問題を解決しないと経済成長は望めない
【4】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年10月22日 16時16分)

>衆議院選挙は、維新の会の主張

維新の会の主張は、一旦与党を過半数割れに追い込むというもの
奢れる与党に猛省を促したいのであろう

消費税の増税分は、所得税と法人税の減税に使われた
財政均衡を進めるのなら、所得税の累進課税を元に戻し法人税率も元に戻すべき

株の配当課税だが、2割の分離課税の税率を上げるだけ?
2千万円以上の給与所得か、2以上の給与所得を得ている人は確定申告が必要
確定申告は配当所得も含めて総合課税にならないのだろうか?

高額所得者のみ配当所得の税率を5%上げて、所得合算の総合課税は後回しらしい
一体確定申告とはどうなっているのか?

**党というのは禁止ワードになっているようだ
日本は議員内閣制である
行政問題のカテゴリーでも特定政党に偏らないよう配慮されているようだ

まもなく総選挙の結果が出る
その時に、トピ主が能無しか判明するであろう
【3】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年10月13日 20時38分)

消費税を導入した竹下元首相は、支持母体の問題で今の連立に反対していた
いつのまにか自公連立政権が成立して、今日まで続いている

衆議院選挙は、維新の会の主張が一番妥当に思える

経済対策について、食糧自給率が論点になっていない

経済成長は必要であろうか?
以前に経済企画庁長官を務めた堺屋太一氏は、自著で江戸時代は全く経済成長せずに続いたと示した
限りなく自給自足に持って行けないものか?

月末にはトピ主が能無しかどうか、はっきりとするだろう
【2】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年10月02日 18時36分)

能無しはトピ主かも


>誰にせよ過半数を取れず2回目の投票になり、1位と2位が逆転したら、国民は自民党に愛想を尽かすであろう

1位と2位は逆転しなかったが、その差は僅か一票

>長老の院政が続いているのは見え見え

1位と2位の差を一票に調整する裏工作は、まず不可能

党員・党友票は事前に把握できたとしても、問題は議員票

衆議院議員は衆院選が近いから要請に応じたとしても、来年の参院選で改選にならない人まで説得できない


>姑息な手を使うなら大巾な議席数減になると思う

前提条件が満たされたから大巾な議席数減にならないのがテーマに転換

勝敗ラインの設定にもよるが、また予想外の結果が出る可能性があり、トピ主の無能が露呈



小泉改革以前は、所得税の課税率は最大70%だった

現在では、最大で30%にまで低減されている

小泉政権の金融ブレーンだった竹中平蔵氏は金融取引で利益を出すのは不労所得では無いと言い切っていた

預金利息で生活している人を切り捨て、株や投資信託のような元本が保証されない金融商品にシフトさせた

現金ではない金融資産を保有している富裕層は課税の対象外

そして金融資産が現金化されるまで課税されない

中間層が薄くなり、富裕層と極貧層に二極化されているのを改善できるのだろうか?

一旦上げた消費税率は下げられないし、一旦下げた所得税率を上げられるか?

20年かけて進行してきた不均衡を短期で改善できるとは思えない



総裁選で論点にならなかったがIR法案はどうなるのか?

あれも一種の税収だと思うのだが
【1】

RE:自民党支持者閲覧禁止   編集  評価

田崎史郎 (2021年09月29日 13時08分)

埼の本名は文字化けする


投票日当日になったが

菅総理の時は総裁選の前かから結果が決まっていた

今回は日々情勢が変わったが、決選投票になるだろう

第1位と第2位は恐らく逆転する可能性が高い

後は衆院選で自民党がどれだけ議席を減らすかになる

トピ主が間違っていたら、政治記者失格で謝罪文を考えておかねばならない
【1】 
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら