| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CRデジラッシュ

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 22 店舗あります。(2017/06/23現在)

県名 市区郡

調査日:2017/6/23

集計情報

閉じる

導入開始:2013年11月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 潜伏確変、出玉振分、ST、8個保留、入賞口ラウンド数変化
大当り確率 1/99.9 → 1/98.8
確変率 100%
確変システム 120回転まで
時短システム なし(ST中0or120回)
賞球数 3&2&10&13
ラウンド 5or12
カウント 7

台紹介

ベルコのブンブンパチンコ第3弾となる、『CRデジラッシュ』が登場した。
本機は従来機種よりも回転率がアップしており、また、迫力の9連デカセグによるシンプルでスピード感あふれるゲーム展開が魅力。


出玉のカギとなるのは120回転のSTで、12R大当り後は必ず、5R大当り後は1/3の確率で突入。

時短中の大当り後は必ずST120回転へ再突入するため、継続率は約70%となっている。


スペックは、大当り確率1/99.9、初回大当り後は40%、電サポ中は100%の確率で120回転のSTへ突入する、遊パチタイプ。

小当り・潜伏確変は存在せず、大当りは全て出玉ありとなる。

閉じる

ゲームの流れ

●基本的な打ち方
常に左打ちでOK。

●大当りの流れ
[7]図柄揃いは12R大当りとなり、ラウンド終了後は「ST120回転」へ突入する。

[7]以外の図柄揃いは5or12R大当りとなり、12Rの場合は「ST120回転」へ突入。
5Rの場合は、エンディングで「CHANCE120」が表示された場合は「ST120回転」へ突入、「SEE YOU」が表示された場合は通常モードへ移行する。

閉じる

初打ちレクチャー


本機は常に左打ちでOK。

小当り・潜伏確変は存在せず、大当りは全て出玉ありとなる。


通常時の演出では、予告演出の「トリプルライン変動予告」に注目。リーチに発展すれば大チャンス!

リーチアクションでは、「デジ砲リーチ」「トリプルライン変動リーチ」の期待度が高く、発展すれば大チャンス!

閉じる

リーチアクション

リーチ演出

●全回転
期待度:5.0
擬似連から図柄が同時に回転。12R大当り確定!!

●突然当り
期待度:5.0
リーチ後、そのまま図柄が揃う。

●トリプルライン変動リーチ
期待度:4.0
リーチになれば大チャンス!

●デジ砲リーチ
期待度:4.0
大砲を打つように図柄が中央から飛び出す。

●マルチラインリーチ
期待度:2.0~3.0
リーチラインが多いほどチャンス。

●花火リーチ
期待度:2.0
チャンスは3回。

●ドックンリーチ
期待度:1.0
鼓動のように図柄が伸縮。

閉じる

予告アクション

予告演出

●トリプルライン変動予告
左右の図柄がトリプルラインで変動を開始し、リーチになればトリプルラインリーチへ。

●PUSH予告
ボタンPUSHでデジパチロゴの色が変化。

●くるくる予告
くるくるの数と色で期待度が変化。

●泡予告
泡の色で期待度が変化。

●H予告
Hの文字が左上から時計回りに出現。

●保留先読み予告
保留が緑や赤に変化すればチャンス。

閉じる

フロー&モード


●ST120回転
12R大当り後、5R大当り後に「CHANCE120」が表示された場合に突入する、120回転のSTモード。
※突入率は初回大当り後の40%

滞在中の大当り後は、再びST120回転へ突入する。
※継続率は約70%

滞在中はデジタルが高速で変動し、図柄がめくれるような演出になればチャンス。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:6

CRデジラッシュ/スーパーエイトシリーズ 返信 投稿日
結構楽しい (0) 11/25 20:13
デジャヴ? (0) 10/5 23:17
いいね (3) 9/25 13:36
- - -
- - -

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CRデジラッシュ

(C)BELLCO

メーカー メーカーHP
ベルコ ベルコ

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。