| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR牙狼魔戒閃騎鋼XX

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 112 店舗あります。(2017/08/23現在)

県名 市区郡

調査日:2017/8/22

集計情報

閉じる

導入開始:2012年03月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 出玉振分、ST、8個保留、入賞口ラウンド数変化、右打ち
大当り確率 1/399.6 → 1/99.14
確変システム 145回転まで
連チャン突入率 51%
連チャン継続率 77%
時短システム 通常当り後100回
平均連チャン数 3.2回
賞球数 3&3&8&15&15
大当り出玉 約1610 ~ 1990個
ラウンド 16(実13or16)
カウント 9

大当り図柄

台紹介

「牙狼」シリーズの第4弾となる『CR牙狼 魔戒閃騎鋼』が登場した。

今作では、シリーズ初のST(回数切り確変)仕様となっている点が特徴だ。


基本的なゲームの流れは、これまでのシリーズのものを踏襲。
初回大当り時のラウンド中に発生する「1stバトル」で敵の攻撃に耐えきれば「魔戒チャンス」獲得となり、Vゾーンへ入賞させることで145回転のSTへ突入。
一度STへ突入すれば77%という高確率で継続するうえ、滞在中の大当りは全て約2,000発もの出玉を獲得することが可能だ。

なお、「1stバトル」で敗北してしまった場合でも、約1,600発の出玉獲得+100回転の時短突入となるので、引き戻しにも十分期待できる。


演出面では、これまでのシリーズを継承しつつ、新TVシリーズの各話専用予告やホラーの出現など、新規の演出も多数搭載している。


スペックは、大当り確率 約1/399、初回大当り後51%の確率で145回転のSTへ突入する、マックスSTタイプ。

ST突入後は、77%の確率で継続する。

閉じる

ゲームの流れ

●基本的な打ち方
通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちに切り替えよう。

●大当りの流れ
図柄揃いで大当りとなり、ラウンド中は「魔戒チャンス」獲得を賭けた「1stバトル」が発生。
牙狼が敵の攻撃を耐えきれば「魔戒チャンス」獲得となり、右下の魔戒チャンスアタッカーが開放され、Vゾーンに入賞すれば電サポ付きST145回転の「真魔戒RUSH(ST)」へ突入する。

「1stバトル」で敗北した場合は、時短100回転の「真魔戒RUSH(時短)」へ突入する。
※「真魔戒RUSH(ST)」突入率は51%
※[3][5][7]図柄揃いは「魔戒チャンス」獲得確定!?

なお「真魔戒RUSH」中に引いた大当り後は、「真魔戒RUSH(ST)」へ再突入するため、77%という高継続率を実現している。
※電チュー保留消化時

閉じる

初打ちレクチャー


通常時は左打ち、電サポ中・大当り中は右打ちに切り替える必要があるので、ナビに従って消化。

なお、初回大当り時の「1stバトル」勝利で突入する「魔戒チャンス」では、必ず「Vゾーン」に入賞させよう(右打ちを継続していればほぼ確実に入賞!?)。

入賞させないとラウンド終了後にSTへ突入せず、パンクとなってしまうので要注意!


通常時の予告では、「3D演出」が期待大。

●リーチタイトル

●牙狼群予告

「3D演出」には「リーチタイトル」「牙狼群予告」の2種類が存在し、いずれも発生した時点で大チャンスとなる。


リーチアクションでは、「牙狼SPリーチ」に注目。

●邪眼竜リーチ

「牙狼SPリーチ」は4種類存在し、中でも「邪眼竜リーチ」はプレミアムを除けば本機最強のリーチアクションだ。

閉じる

リーチアクション

全回転リーチ

発生した時点で大当り確定!?

●邪美烈花全回転


●心滅全回転

パチンコでしか見られないTV外伝
●第4話外伝 ポーカー全回転

●第10話外伝 カオル絵本全回転

●第10話外伝 鋼牙VSズフォーマー全回転

●第19話外伝 レオ回想全回転

閉じる

牙狼SPリーチ

牙狼SPリーチは4種類存在。

●クルスリーチ

  期待度:3.0


●魔導列車リーチ
  期待度:3.5


●三千体撃破リーチ
  期待度:4.0


●邪眼竜リーチ
  期待度:4.5

閉じる

魔戒騎士リーチ

魔戒騎士予告から発展!

●ゼロVSヤシャウル

●ゼロVSカゲミツ

●ダンVSゲノジカ
リーチ発生時点で大チャンス!

●ゼロVSカラクリ
リーチ発生時点で大当り確定!?

閉じる

2Dキャラクター系リーチ

ハズれても「FACE of 牙狼」完成で「牙狼SPリーチ」へ!

●カオルリーチ

●零リーチ

●レオリーチ

●邪美リーチ

閉じる

元老院リーチ

1~3ラインに発展!



リーチハズレ後に心滅全回転へ発展する事も!

閉じる

TVホラーリーチ

●図柄系

●バトル系
リーチ発生時点で大チャンス!

閉じる

予告アクション

3D演出

演出発生で大チャンス!

●リーチタイトル

●牙狼群予告


閉じる

牙狼CUBE

縦横無尽に回るキューブ役物が運命を決める!

示された運命の先に訪れるものとは…!?

閉じる

牙狼連続演出

中央に7図柄停止で牙狼連続演出へ発展!

続けば続くほどチャンス!


牙狼が迫るパターンも多数存在!

・牙狼


・牙狼回転

・鷹麟牙狼

・翼人牙狼

・竜陣牙狼

・心滅牙狼
「心滅牙狼」は発生時点で大当り確定!?

閉じる

魔戒騎士予告

牙狼連続演出後に発生!

鎧召還で魔戒騎士リーチに発展!

閉じる

次回予告

クルスリーチへ!

魔導列車リーチへ!

三千体撃破リーチへ!

邪眼竜リーチへ!

閉じる

牙狼チャンス

3・5・7図柄の組み合わせで突入!


閉じる

オープニング予告

●暗黒魔戒騎士篇(TV版)

●白夜の魔獣篇

●魔鏡篇(新劇場版)

●魔戒閃騎篇(TVシーズン2版)

閉じる

VFX予告



金枠ならチャンス!

閉じる

カオル絵本未来予告

カオルの絵本が未来を映し出す!

●STEP1~3
本の表紙に注目!!

●STEP4

●STEP5
2Dキャラクター系リーチへ発展!?

●STEP6
牙狼SPリーチへ発展!?

閉じる

キャラステップアップ予告

継続するほど期待度アップとなるステップアップ予告。

各ステップでチャンスアップあり!

●STEP1

●STEP2

●STEP3

●STEP4

閉じる

フロー&モード


●真魔戒RUSH
初回大当り時の「1stバトル」で敵の攻撃に耐えきれば
「魔戒チャンス」を獲得し、そこでV入賞すれば145回転の電サポ付きSTへ突入。

なお、「1stバトル」で敗北した場合は、時短100回転となる。

●真魔界モード
「真魔戒RUSH」終了後に突入する特殊演出モード。

真魔戒RUSH

初回大当り時の「1stバトル」で敵の攻撃に耐えきれば「魔戒チャンス」を獲得し、そこでV入賞すれば145回転の電サポ付きSTへ突入。

なお、「1stバトル」で敗北した場合は、時短100回転となる。

ST145回転突入時の継続率は約77%となっている。


滞在中はホラー出現でバトルへ突入し、牙狼が勝利すれば大当り+真魔戒RUSH継続となる。


ホラーは新TVシリーズに24話分存在し、それぞれ危険度が異なる。

◆第12話・ヤシャウル
  危険度:5.0
この他に、第6話・第8話・第11話・第15話・第16話が存在!

◆第19話・ギギ
  危険度:4.0
この他に、第1話・第2話・第22話が存在!

◆第10話・ズフォーマー
  危険度:3.0
この他に、第7話・第9話・第17話・第24話が存在!

◆第23話・トラップ・グリュン
  危険度:2.0
この他に、第3話・第4話・第5話・第13話・第14話・第18話・第20話・第21話が存在!

滞在中は専用の演出が展開。

●爆炎装予告
タイトルを燃やしきればホラーが出現!

●ホラーレベル予告
リーチになった際のレベルのホラーが出現!

●魔鏡の階層SU予告
ステップアップする毎にホラーのレベルがダウン!

●光矢流星予告
光矢流星が刺さった後、牙狼が登場し、「FACE of 牙狼」完成で大当り!?

閉じる

真魔界モード

「真魔戒RUSH」終了後に突入する特殊演出モード。

滞在中は専用の演出が展開。

●魔戒閃騎
ホラーを倒してメーターが貯まるほどチャンスとなる先読み演出。

●真牙狼モード
真魔界モード専用の連続演出で、牙狼連続演出2回目で突入すれば、「牙狼SPリーチ」へ発展!?

閉じる

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR牙狼魔戒閃騎鋼XX

(c)2005 雨宮慶太/Projedt GARO (c)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (c)2010-2011 雨宮慶太/東北新社, (C)SANSEI R&D

メーカー メーカーHP
サンセイR&D サンセイR&D

関連機種

-

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。