| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CRA花鳥風月GLB

設置店検索

全国の設置店 21 店舗

の設置店 21 店舗 ※告知/更新順

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
西陣
型式名
CRA花鳥風月GLB
タイプ
デジパチ
仕様
潜伏確変、出玉振分、ST、8個保留、入賞口ラウンド数変化、モード、右打ち
大当り確率
1/99.9 → 1/9.9
確変率
100%
確変システム
5回転まで
時短システム
大当り後4or80回(ST含む)
平均連チャン数
2.6回
賞球数
3&3&10&15
大当り出玉
約470 ~ 1870個
ラウンド
4or16
カウント
9

大当り図柄

16R大当り図柄
大当り図柄
大当り図柄

閉じる

台紹介

西陣「魂の三番昇舞」の第1弾となる本機は、1992年に登場して熱狂的な連チャン性で大人気となった『花鳥風月』の後継機。

もちろん、今作でも初代の爆裂魂は十二分に受け継がれている。

本機は全ての大当り後に規定回数の確変に突入するST(回数切り確変)機で、回数の異なる2種類の電サポモードが搭載されている点が特徴。

[7]図柄での大当り後は、80回転の電サポタイム(ST5回転含む)「電城威怒(デジロイド)ZONE」への突入が確定し、一旦突入すれば約72%の継続率で大当りがループする爆裂ゾーンとなっている。

一方、[7]図柄以外での大当り後の場合はエンディングで「7セグ役物」が落下すれば「電城威怒ZONE」突入、落下しなければ4回転の電サポ付きST「電城威怒チャンス」へ突入。
この4回転で大当りを引くことができれば、晴れて「電城威怒ZONE」をGETだ。

なお「電城威怒チャンス」で大当りを引けなかった場合は1回転限定の「賢魔ZONE」へ突入。

このゾーンは電サポこそ発生しないが、ST状態なので引戻しのラストチャンスとなっている。

本機『~GLB』のスペックは、大当り確率約1/99、全ての大当り後に5回転のST(電サポは4or80回転)に突入する遊パチSTタイプ。

遊びやすさに加え、一撃1,900発近く獲得可能な16R大当りと、高い継続率の「電城威怒ZONE」による出玉スピードは、一度味わったらヤミツキになること間違いナシだ。

閉じる

ゲームの流れ

●通常時の流れ
通常時は左打ちでOKだが、大当り中・電サポ中は右打ちに切り替えよう。

●大当りの流れ
大当り中・電サポ中は右打ちで消化。

[7]図柄揃いの大当りは、16R大当りの「電城威怒BONUS」となり、終了後は80回転の電サポタイム(ST5回転含む)「電城威怒ZONE」へ突入する。


[7]図柄以外の大当りは4R大当りとなり、終了後は4+1回転の電サポ付きST「電城威怒チャンス」へ突入。

ただし、エンディングで「7セグ役物」が落下した場合は、80回転の電サポタイム(ST5回転含む)「電城威怒ZONE」へ突入する。

閉じる

初打ちレクチャー


本機は、通常時は左打ち、大当り中・電サポ中は右打ちに切り替えよう。

なお、通常モードには潜伏確変の可能性がないので、初心者でも安心してプレイすることが可能だ。

ただし、「賢魔ZONE」は電サポはないものの内部的にはST(確変)状態なので、絶対にヤメないようにしよう。


通常時の予告演出では「四賢者ムービー予告」の期待度が高い。


発生時点で大チャンスだが、「臨承ムービー」ならさらに期待度UP!


「四賢者臨承」なら大当り確定!?


リーチアクションでは「花鳥風月リーチ」に注目したい。

四賢者たちが力を合わせて魔物を封印するリーチアクションで、チャンスは4回。

賢者の攻撃回数が増えるほど期待度UPだ。

閉じる

リーチアクション

花鳥風月リーチ


四賢者たちが力を合わせて魔物を封印するリーチアクションで、チャンスは4回。







賢者の攻撃回数が増えるほど期待度UPとなる。

閉じる

魔身邪悪VS四賢者リーチ

魔身邪悪と四賢者が対決するリーチアクション。

四賢者が先制か後攻かで期待度が変化する。

閉じる

花凛リーチ/臨承花凛リーチ


賢者系リーチの一つで、花の賢者・花凛と木偶ノ坊が対決するリーチ。


臨承花凛リーチへ発展すれば期待度UPだ。

閉じる

鳥刃リーチ/臨承鳥刃リーチ


賢者系リーチの一つで、鳥賢者・鳥刃と憑音が対決するリーチ。


臨承鳥刃リーチへ発展すれば期待度UPだ。

閉じる

風声リーチ/臨承風声リーチ


賢者系リーチの一つで、風の賢者・風声と女氷が対決するリーチ。


臨承風声リーチへ発展すれば期待度UPだ。

閉じる

月輝リーチ/臨承月輝リーチ


賢者系リーチの一つで、月の賢者・月輝と我武者羅が対決するリーチ。


臨承月輝リーチへ発展すれば期待度UPだ。

閉じる

童子リーチ

四賢者の童子が繰り広げるリーチアクション。

●蝶美


●黒兵衛


●雷斗・空風


●兎麻呂


ハズれても達磨大師の登場で…!?

閉じる

予告アクション

賢者ストーリーコミック予告

賢者たちのバックストーリーを綴った、新感覚のコミック型擬似連予告。

●1回目


●2回目


●3回目


●4回目


●5回目

連続するほどコミックが劇的に展開し、5連続すれば大チャンスとなる。

閉じる

四賢者ムービー予告

賢者ごとにムービーカットインが発生!








臨承ムービーなら、さらにチャンス!


四賢者臨承なら、さらに期待度大幅UP!

閉じる

賢聖華予告


停止時に図柄が賢聖華に覆われる演出。

全図柄が覆われれば、「森羅万象予告」or「電城威怒チャンス」へ突入!

閉じる

森羅万象予告

賢者系リーチへ発展!








賢者が多く登場すればするほど期待度アップ。4人の賢者が登場すれば…!?

閉じる

輝天烈板ステップアップ予告

液晶前面で文字が発光!







変化する発光色によって期待度が変化する。

レインボーになれば大当り確定!?

閉じる

封印役物ムービング系予告

封印役物ムービング系予告は全3種類存在。

●魔物予告

封印役物開放時に魔物が溢れ出す!

●降りもの予告

電城威怒役物から落下。

●念仏予告

封印役物、電城威怒役物と表示が連動した先読み連続予告。

閉じる

7セグ役物連続予告


封印役物が開口、7セグが輝き、擬似連が継続するほど期待度UP。

童子が降れば継続確定!?


7セグの発光色によって期待度が変化する。

閉じる

賢聖輪予告

輝きと回転で期待度を示唆する予告。

レインボーに輝けば大チャンス!?

閉じる

フロー&モード



●電城威怒チャンス

[7]図柄以外の大当り終了後に突入する4回転の電サポ付きST。

●電城威怒ZONE

[7]図柄での大当り後、大当りエンディングで7セグ役物落下、電城威怒チャンスでの大当り後に突入する、80回転の電サポタイム(ST5回転含む)。
突入時の継続率は約72%を誇る。

●賢魔ZONE

電城威怒チャンスの4回転で大当りを引けなかった場合に突入する、1回転のST(電サポ無し)。

電城威怒チャンス


[7]図柄以外の大当り終了後に突入する4回転の電サポ付きST。


キャラクターを選択し、ミッションを成功させれば大当りとなり、成功時の大当り終了後は80回転の電サポタイム(ST5回転含む)「電城威怒ZONE」へ突入する。


4回転で大当りを引けなかった場合は、1回転限定のST(電サポ無し)「賢魔ZONE」へ突入する。

閉じる

電城威怒ZONE


[7]図柄での大当り後、大当りエンディングで7セグ役物落下、電城威怒チャンスでの大当り後に突入する、80回転の電サポタイム(ST5回転含む)。


電城威怒ZONE中の大当り後は再び電城威怒ZONEへ突入するため、ループ率は驚異の約72%

滞在中は7セグ役物による抽選と右打ちにより、非常にスピーディな消化が可能となっている。

閉じる

賢魔ZONE


電城威怒チャンスの4回転で大当りを引けなかった場合に突入する、1回転限定のST(電サポ無し)。


ここで引戻しても「電城威怒ZONE」への突入が優遇されるわけではないが、大当り確率は約1/9.9と非常に高くなっているぞ。

閉じる

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:191

CR花鳥風月シリーズ 返信 投稿日
でじろいどチャンスおもしろい (0) 4/7 22:15
テスト (1) 6/21 3:06
引き弱?普通? (0) 12/29 18:36
甘は神台 (8) 12/12 2:35
激熱 (3) 12/8 0:00

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:2

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CRA花鳥風月GLB

(C)NISHIJIN

検定番号:0P1126
導入開始:2011年01月

統計情報

調査日:2017/11/21

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。