| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR J‐RUSH RSJ

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 30 店舗あります。(2017/09/24現在)

県名 市区郡

調査日:2017/9/23

集計情報

閉じる

導入開始:2010年01月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 突然確変、突然時短、小当り、潜伏確変、出玉振分、8個保留、モード、右打ち
大当り確率 1/199.8 → 1/21
確変率 70%
確変システム 次回まで(電サポは33回転まで)
時短システム 出玉あり当り後33回転 (初当り2Rは電サポなし)
平均連チャン数 3.9回
賞球数 3&3&10&13
大当り出玉 約440 ~ 1230個
ラウンド 5or14
カウント 8

台紹介

本機は根強いファンを持つ[7セグ]搭載のデジパチだ。
7セグ機ではお約束とも言える強烈な連チャン性や、潜伏確変を期待できる前兆演出を搭載しているぞ!

演出は非常にシンプル。メインとなるのは[リーチラッシュ]で、左・中と同じ数字が揃えばチャンス。

これが連続すれば擬似連、または先読み予告の示唆となり大当たりのチャンスだ。

また、リーチ出現率自体が高い場合は、確変潜伏の期待感も高まるぞ。

また本機には、何分も続くような長いスーパーリーチは無い。
スピーディな消化が可能なのも、魅力のひとつだ。

スペックは、大当たり確率が約1/200とかなり甘いにもかかわらず、確変率70%と、連続性が期待できる仕様となっている。14Rの出現率も半分以上と高くなっているので、一撃への期待度は高いぞ。
潜伏確変に気を付けて大連チャンを目指そう。

閉じる

ゲームの流れ

本機には、確変潜伏の可能性があるモード演出[ターゲットモード]が搭載されている。

一旦突入したらしばらく様子を見よう。リーチ発生率が高かった場合は潜伏確変の可能性が高いので、即ヤメは厳禁だ。

出玉あり大当たり終了後には必ず電チューサポート[チャンスタイム]が付く。ここから通常モードに戻った後も、確変潜伏の可能性がある点に注意したい。

なお、電サポ中に2R確変を引き当てれば次回までのチャンスタイムに突入する。

閉じる

初打ちレクチャー


大当たり中は右打ち。それ以外は左打ちで消化しよう。

本機には、潜伏確変を示唆するサインがいくつか存在するので常に注目しておきたい。

ひとつは[ターゲットモード]。これは小当たりor2R当たりで突入するモード演出だ。

7セグが青色で停止すれば突入のチャンスとなるぞ。サイドランプの色で確変期待度も示唆している。赤なら大チャンス、虹色なら潜伏濃厚!?

もうひとつは[リーチ]そのものだ。リーチが頻繁に発生するだけで潜伏の期待度がアップする。

また、[J図柄]でリーチが発生すれば大当たりが期待できるほか、ハズれても潜伏の期待が持てるぞ!

本機で大当たりを得るために重要な演出は、こちらも[リーチラッシュ]となっている。

[ピュイ]が連続すれば、擬似連または先読み予告の可能性が高いぞ。

閉じる

フロー&モード

7セグ搭載機ではあるが、本機のフローは一般的なモード搭載機とほぼ同様。

ただし、通常モードでも潜伏している可能性がやや多目なので、リーチやJ図柄の出現率に注目しておこう。

チャンスタイムを抜けた直後も要注意。出玉アリ確変当たりの時も必ず33回転で電サポが終了してしまうのだ。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:154

CR J‐RUSHシリーズ 返信 投稿日
女性ボイス (0) 2/19 2:06
JJJで単発? (1) 5/2 0:14
RSJについて教えてください (2) 12/18 12:01
J‐RUSH (1) 6/12 22:22
セグ3467 (2) 12/10 21:18

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:1

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR J‐RUSH RSJ

メーカー メーカーHP
ジェイビー ジェイビー

関連機種

CR J‐RUSH RSJ CR J‐RUSH RSJ

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。