| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

幕末鬼神伝CR鬼の歳三PKW

設置店検索

全国の設置店 1 店舗

の設置店 1 店舗 ※告知/更新順

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
サンセイR&D
型式名
CR鬼の歳三PKW
タイプ
デジパチ
仕様
突然確変、突然時短、突然通常、小当り、潜伏確変、出玉振分、モード
大当り確率
1/99.95 → 1/22.5
確変率
80%
確変システム
次回まで
時短システム
捜査モード終了後20回転
平均連チャン数
5.7回
賞球数
3&4&10&9&10
大当り出玉
約70 ~ 930個
ラウンド
2or6or実13(エクストラボーナス)or15orランクアップボーナス(16回or32回or48回)
カウント
9

大当り図柄

台紹介

本機は「土方歳三」を初めとした新撰組の戦いを描いた機種。
人気の隊士が揃い踏みで活躍するぞ。



本機の特徴は、2種類の特殊ボーナスを搭載している点。

一つ目はいわゆるランクアップボーナスで、継続演出によって上部アタッカーの解放数が変化する。もちろん確変確定だ。


二つ目「エクストラボーナス」は、下部アタッカーが開放している間に演出成功することで、出玉あり確変当りが得られるというもの。失敗しても若干の出玉とモード移行が行われるので、モード中の大当りを目指そう。

また、この他に小当りor突然確変or突然時短のモード演出も搭載し、変幻自在のゲーム性となっている。



さまざまなタイミングから発生するモード演出により、確変の期待感が持続しやすくなっているぞ。

閉じる

ゲームの流れ

本機は、従来のバトルタイプと似たゲーム性になっている。
ただし、モード移行契機がエキストラボーナス発生演出の失敗時にもあるので注意しよう。

●超警戒ゾーン
  (潜伏確変期待度[大])

モード演出では、「超警戒モード」の確変期待度が高くなっている。

●捜査モード(確変)

確変確定となる「捜査モード」(電サポあり)時は、大きく分けて対決系の演出と包囲系の演出が行われる。
対決は大当りの大チャンス、包囲されてしまうとモード転落(撤退モードへ移行)の大ピンチだ。

●撤退モード(確変or時短)

「捜査モード」で出玉なし当りを引くとここへ転落(電サポなし)。確変が潜伏している可能性もあるぞ。

閉じる

初打ちレクチャー



本機は特殊打ちをする必要はないが、ランクアップボーナスが上アタッカーのため当選時にはしっかり狙いたい。

●抜刀予告

通常時の予告は、某機種の「キセル」を彷彿とさせる「抜刀予告」の期待度が極めて高い。

●強敵邂逅リーチ

リーチ演出では「ストーリー系リーチ」の期待度が非常に高い大チャンス演出となっている。

全体的に、某大ヒット機をオマージュした演出が多くなっており、期待度もそれに殉じているぞ。

閉じる

フロー&モード

本機は、従来のバトルタイプとゲームの流れは似たものになっている。


ただし、モード移行契機がエクストラボーナス失敗時にもあるので注意しよう。


本機の特徴である2種類の特殊ボーナスのうち、ランクアップボーナス(確変確定)は継続演出によって上部アタッカーの解放数が変化。


「エクストラボーナス」は、下部アタッカーが開放している間に演出成功することで、出玉あり確変大当りが得られるというもの。
失敗すると若干の出玉とモード移行が行われる仕組みだ。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:671

幕末鬼神伝CR鬼の歳三シリーズ 返信 投稿日
爆発力。 (1) 3/27 0:43
不思議なものが・・・ (0) 10/11 0:56
おかしな演出 (1) 9/14 17:41
ビックリしたハズレ‥ (2) 7/31 1:39
甘でじ (1) 6/16 18:24

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:1

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

幕末鬼神伝CR鬼の歳三PKW

(C)SANSEI R&D

検定番号:
導入開始:2009年07月

統計情報

調査日:2017/12/12

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。