| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR春一番FT

設置店検索

全国の設置店 0 店舗

の設置店 0 店舗 ※告知/更新順

このエリアに設置店はありません。

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
西陣
型式名
CR春一番FT
タイプ
デジパチ
仕様
突然確変、出玉振分、ST、8個保留、入賞口ラウンド数変化
大当り確率
1/309.7 → 1/30.97
確変率
63%
確変システム
次回まで
時短システム
通常当り後80or100回
平均連チャン数
3.5回
賞球数
3&3&10&13
大当り出玉
約1410個
ラウンド
16
カウント
8

大当り図柄

確変図柄
チャンス図柄

閉じる

台紹介

『CR春夏秋冬』『CR花満開』に続く、西陣の「和風三番昇舞」シリーズ最終章『CR春一番』が登場した。


本機は、「春華」「風雅」という若い二人の恋が実れば大当り、というゲーム性の「連愛ぱちんこ」だ。


盤面には「風ぐるま役物」「旋風フラッシュ役物」「花札役物」が搭載されており、予告やリーチなど様々な演出と連動してプレイヤーの期待感を盛り上げるぞ。

●連続花札予告

特に「花札役物」は、擬似連続予告・大チャンスリーチに絡みやすく、活躍の場も多くなっている。

スペック面では大当り確率約1/309、確変率63%のスタンダードなミドルタイプ。

電チュー入賞からの大当りは突確が存在せず、全て16R大当りとなるので、一撃の爆発力も大いに期待できるぞ。

閉じる

ゲームの流れ

●通常時の流れ
一般的なデジパチなので、常に左打ちでOK。

●大当りの流れ

赤図柄揃いは16R確変大当りとなり、終了後は確変モードの「至福の刻」へ突入。

チャンス図柄揃いは16R通常大当りとなり、13R目に昇格演出が発生し、成功すれば大当り終了後に確変モードの「至福の刻」へ突入

◆黄昏の刻

失敗すると、紫図柄揃いの場合は大当り終了後に確変or時短の「五月雨の刻」へ、青図柄揃いの場合は大当り終了後に80or100回転の時短「黄昏の刻」へ突入する。

なお、2R確変当選契機には、次の2パターンが存在。

◆五光チャンス
◆盃勝負

五光チャンスで2R確変に当選した場合は「五月雨の刻」へ、盃勝負で当選した場合は「至福の刻」へ突入する。

閉じる

初打ちレクチャー


本機は複雑な打ち方は必要なく、潜伏確変も存在しないので初心者でも安心してプレイすることが可能だ。

なお、本機は電チュー入賞からは突確は発生せず、大当りは全て16Rとなるので、電サポ中は極力電チュー保留を切らさないように心がけよう。


●連続花札予告(最大4段階)


●旋風フラッシュ予告(最大4段階)

通常時の予告演出では「連続花札予告」「旋風フラッシュ予告」といった擬似連の回数が重要。

●春一番の華リーチ

いずれも4連続までいけば大チャンスの「春一番の華リーチ」へと発展するぞ。

別のルートからこのリーチへ発展しても大チャンスだ。

閉じる

フロー&モード



●至福の刻

赤図柄での大当り後、ラウンド中に昇格した通常大当り後、盃勝負からの2R確変当選となった場合に突入する確変モード。

●五月雨の刻
昇格に失敗した紫図柄での大当り後、または五光チャンスからの2R確変当選となった場合に突入する、確変or時短のモード。
※2R確変からの突入は確変確定

●黄昏の刻

青図柄での大当りで、ラウンド中の昇格に失敗した場合に突入する、時短80or100回転のモード。
確変の可能性は無い。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:702

CR春一番「2008年」シリーズ 返信 投稿日
新機種も出ていると言うのに・・・・・・。 (0) 10/14 5:42
新機種? (1) 8/6 4:21
保留矛盾 (1) 1/5 0:58
(無題) (6) 11/23 23:40
(無題) (0) 5/24 22:24

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:1

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR春一番FT

(C)NISHIJIN

検定番号:
導入開始:2008年10月

統計情報

調査日:2019/10/14

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。