| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CRA羽根ぱちんこ水戸黄門W4

設置店検索

全国の設置店 0 店舗

の設置店 0 店舗 ※告知/更新順

このエリアに設置店はありません。

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
京楽
型式名
CRA羽根ぱちんこ水戸黄門W4
タイプ
羽根物
仕様
出玉振分
大当り確率
1/391.75
時短システム
大当り終了後0or100回転
賞球数
3&4&10&10
大当り出玉
約130 ~ 950個
ラウンド
実質2or5or8or15R
カウント
8

台紹介

京楽より、大人気時代劇「水戸黄門」をモチーフにした羽根物が登場した。
液晶では黄門様御一行の愉快痛快な活躍が演出されている。

本機最大の特徴は「水戸ラッシュ」と呼ばれる100回転の時短で、その継続率は破格の約84%。


16Rの一部である「悪代官ボーナス」を引くか、前回大当りから100回転経過するまで継続するので、羽根物ながらその破壊力はデジパチにも劣らない。


また、本機は直撃大当りも搭載されており、こちらは15R確定。
しかも、通常のV入賞大当りよりも遥かに高い、約21%の確率で「水戸ラッシュ」に突入するので、大当り終了時のジャッジ時には大チャンスの瞬間を味わうことができるぞ。

直撃大当りの確率は約1/391、V入賞時のラウンド振り分けは3R・6R・9R・16Rの4種類となっている。
※実質ラウンド数は1ラウンド少なくなる
羽根物ながら、デジパチ並みの一撃性を秘めた出玉性能を、ぜひ味わっていただきたい。

閉じる

ゲームの流れ

●通常時の流れ
①左右の落としor電チュー入賞でハネが開放。


②玉がハネに拾われると、「通常ルート」or「大チャンスルート」に振り分けられる。

<大チャンスルート>


③黄門様の印籠ポケットにうまく入れば、後は股下からVゾーン目指して一直線。


④Vゾーンに入賞すれば大当り!

※スタートチャッカー入賞時にハネが開かず、黄門様が登場すれば直撃大当り!?


●大当り中の流れ
V入賞時の大当りは、4種類存在。
・八兵衛ボーナス→ 3R以上
・お銀ボーナス  → 6R以上
・弥七ボーナス  → 9R以上
・光圀ボーナス  →16R確定

それぞれ、節目のラウンドで継続演出が行なわれ、演出に成功すればラウンド継続となるぞ。


大当り終了時に、後光フラッシュが発生すれば、100回転の時短「水戸ラッシュ」に突入する。

※直撃大当り時も、V入賞時と同様の流れになる。

閉じる

初打ちレクチャー


本機は、大当り中もハネ開放による出玉獲得となっているため、昔ながらの羽モノと同じような感覚でプレイすることが可能。


ひとたび「水戸ラッシュ」に突入すれば、一撃でドル箱を積み上げられるポテンシャルを秘めている点も、大きな魅力の一つだ。


通常時の演出で最大の見所は、「光圀リーチ演出」。

スタートチャッカーに入賞してもハネが開かないと発生する大チャンスリーチで、盤面から光が放たれ黄門様が登場すれば、直撃大当り(15R)だ。

閉じる

フロー&モード



●水戸ラッシュ

大当りラウンド終了画面で「後光フラッシュ」が発生すれば、100回転の時短「水戸ラッシュ」に突入。
継続率は、破格の約84%となっている。

16R大当りの一部である「悪代官ボーナス」を引くと終了のピンチとなるが、ラウンド中にご老公登場などの演出が発生すれば、嬉しい復活となるぞ。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:1,192

羽根ぱちんこ水戸黄門 返信 投稿日
(無題) (0) 5/2 21:36
さぁ。参りますぞ (3) 4/25 0:58
BIGスズメ (3) 4/10 23:47
右から出てきた (2) 3/29 13:38
水戸ラッシュ (2) 3/28 22:54

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:13

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CRA羽根ぱちんこ水戸黄門W4

©C.A.L/2007,(C)KYORAKU

検定番号:
導入開始:2008年02月

統計情報

調査日:2019/1/17

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。