| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR義経物語QKW

設置店検索

全国の設置店 1 店舗

の設置店 1 店舗 ※告知/更新順

読み込み中

機種情報

閉じる

メーカー
サンセイR&D
型式名
CR義経物語QKW
タイプ
デジパチ
仕様
突然確変、突然時短、突然通常、潜伏確変、出玉振分、モード
大当り確率
1/99.25 → 1/15.88
確変率
72%
確変システム
次回まで
時短システム
電サポ中の2R通常後20回
平均連チャン数
4.1回
賞球数
3&4&9&14
大当り出玉
約430 ~ 1610個
ラウンド
4or15
カウント
9

大当り図柄

台紹介

本機は、平安時代の武将「源義経」と、彼の兄「源頼朝」との確執をモチーフとした機種。

同社の特徴でもある超美麗3DCGによって、史上最強の兄弟喧嘩が描かれている。

最大の見所は、様々な奥義が炸裂するバトルモード「確執モード」
見た目の迫力はもちろん、勝てば勝つほど大当りを重ねるゲーム性によって、出玉面でも爽快感を得られるぞ。

また、ギミック「軍扇役物」による演出にも注目。
巨大な軍扇が画面を覆えば、好機到来だ。

その他、人気バンド「LUNA SEA」の名曲が全6曲搭載されている点も見逃せない。

連チャン回数など、一定の条件が揃うことで曲数が追加されていくぞ。


スペックは、大当り確率約1/99、確変率72%の遊パチバトルタイプ。

約1,600発以上獲得可能な15R当りが全体の8%で出現するため、ツボにはまった時の出玉性能は遊パチのレベルを遥かに超えることも!

閉じる

ゲームの流れ

●通常時の流れ
本機は、通常時はもちろん大当り中や電サポ中も通常打ちでOK。

●大当り中の流れ
図柄揃いの大当りは、4or15R確変大当り。
ラウンド終了後は、次回まで継続する電サポ付き確変モード「確執モード」へ突入する。

※通常時の全回転リーチや大見得リーチなど、当れば15R濃厚となるリーチも存在する!?
※「確執モード」中は、「弁慶」が助太刀すれば…!?

●チャンスモードの流れ
通常時に2R確変or通常当りに当選すると、電サポなし確変or通常のチャンスモード「特訓モード」へ突入する。

演出上は、合戦リーチハズレ後に移行の可能性があるぞ。

電サポ付き2R確変に当選した時は、直接「確執モード」へ突入する。

閉じる

初打ちレクチャー


本機はいかなる時も通常打ちでOK。
ただし、確変潜伏の可能性があるので、チャンスモード「特訓モード」突入時はヤメ時に注意したい。
※内部的に確変中でも「特訓モード」を抜ける場合アリ


予告演出では、最終ステップまで発展すれば大チャンスの「軍扇予告」に注目したい。
変動中以外で軍扇が完成しても、やはり大チャンスだ。


リーチ演出では「合戦系リーチ」の期待度が全体的に高い。
中でも「壇ノ浦の戦い」は最強クラスの期待度だ。

軍扇完成から発展する「大見得リーチ」も期待度大。
更に、このリーチで当れば15R大当りが濃厚となる!?

閉じる

フロー&モード



●確執モード
図柄揃いの大当り終了後、または電サポ付きの2R確変当選時に突入する、次回まで継続の電サポ付き確変モード。

●時短モード
電サポ中に2R通常当りを引くと突入する、20回転の時短モード。

●特訓モード
通常時に2R確変(電サポナシ)・2R通常を引くと突入する、電サポナシ確変or通常のチャンスモード。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:6,634

義経物語シリーズ 返信 投稿日
打ちたい義経物語 (2) 4/24 3:30
どうした (0) 5/7 0:53
賛成! (0) 9/14 11:58
実戦報告 (8) 5/9 12:34
久しぶりに (3) 7/1 12:30

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:20

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR義経物語QKW

(C)Sansei R&D

検定番号:
導入開始:2007年06月

統計情報

調査日:2019/7/16

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。