| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20220120日 木曜日
GO

パチンコ業界ニュース

フィールズ 2Q決算 販売台数改善し大幅な増収、黒字浮上 遊技日本2021年11月12日

フィールズは11月11日、2022年3月期第2四半期の連結決算を発表。売上高は373億48百万円(前年同期比252.6%増)、営業利益3億58百万円(前年同期は営業損失33億27百万円)、経常利益5億97百万円(前年同期は経常損失32億47百万円)、純利益3億15百万円(前年同期は純損失39億23百万円)。

PS事業においては、商品企画・開発力の強化を最重要課題とし、そのプロセスを抜本的に改革、販売・開発一体となった組織づくりを進めた結果、販売台数にも改善が見られ、第2四半期累計実績は77,918台(前年同期比61,417台増)となった。通期の見通しについては、「パチスロGANTZ極 THE SURVIVAL GAME」「パチスロ モンスターハンター:ワールド™黄金狩猟」の2機種を販売しており、概ね販売目標を達成。「新世紀エヴァンゲリオン ~未来への咆哮~」は、市場から大きな期待が寄せられており、第3四半期の納品台数は6.5万台を超える見込み。

円谷プロダクションでは、NTTドコモ社との共同事業であるデジタルサービスプラットフォーム「TSUBURAYA IMAGINATION」や、ECサイト「TSUBURAYA STORE ONLINE」、ライブ配信を積極的に展開。グローバル展開では、Netflix、マーベル等との取り組みをはじめ、中国を中心としたアジアでのマーチャンダイジングが伸長している。デジタル・フロンティアでは、国内大手ゲーム会社を中心としたCG映像制作や、NetflixとのVFX映像制作等で堅調に成長。その他グループ企業の業績も、様々な改革を断行し、コロナ禍においても業績は順調に推移した。

なお、通期の連結業績予想は、今年5月の発表から変わらず未定としている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。