| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20211201日 水曜日
GO

パチンコ業界ニュース

茨城県遊協の職域接種で1919人が接種 プレイグラフ2021年9月24日

茨城県遊協(平文暉朗理事長)は9月13~19日、水戸市の「中央ビル」で、1回目の新型コロナウイルスワクチン(モデルナ製)の職域接種を実施。対象は、業界関係者とその家族を含む、12歳以上でワクチン未接種の一般の県民など。最終的には、7日間で1919人が接種した。同15日に接種した水戸市の20代男性は「昨日のNHKニュースを見て、この職域接種を知りました。即、予約して、今、打ってもらったところです。来月、警察学校に入るので、その前に接種できて良かった」と、安堵の表情を見せた。同組合による職域接種は、6月17日に行われた茨城県遊協総会後の執行部会議で、李晃明副理事長が提案し、決議。後日、医療法人グループに所属し、職域接種をサポートするリーバー(本社・茨城県つくば市)と提携し、実施する運びに。指揮を執った李副理事長は「われわれの社会貢献は、寄付などがメーン。それはもちろん大切なことだが、別の方法で社会貢献がしたいと考えていた。一般の方にも接種してもらえて、思いを形にできた」とした上で、「16日以降は、中学生や高校生と親御さんの二人で接種されるケースが、目に見えて増えた。実施して良かったと、あらためて思います」と語った。なお、2回目の接種は、10月11~17日を予定している。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。