| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20200707日 火曜日
GO

パチンコ業界ニュース

都遊協 ガイドラインの遵守を強く求める 遊技通信2020年5月29日

東京都遊協は5月29日、営業を再開した組合員店舗に対して、先にパチンコ・パチスロ産業21世紀会が策定した新型コロナウイルス感染症の拡大予防ガイドラインを遵守するよう、強い呼びかけを行った。
 
都遊協では、5月25日付文書で、緊急事態宣言が解除された場合は、都知事の休業協力要請が継続されたとしても、組合員にこれ以上の休業継続の協力要請をすることはせず、各々の経営判断に委ねることを通知。あわせて、営業を再開する場合はガイドラインを遵守するよう要請していた。
 
これを受け都内のホールでは次々と営業再開に踏み切っているが、事務局にはガイドラインが守られていない店舗があることへの苦情が多数寄せられており、一部店舗では実際にガイドラインがほとんど実施されていないことが判明。一方で、都知事からはロードマップへの協力を求める文書が26日付で届いているほか、各種マスコミも休業協力要請に応じられない窮状に一定の理解を示しながらも、ガイドラインの遵守状況には注目しているとし、この遵守を強く求めた。特に台間ボードがない場合は1台置きの稼動を促したほか、広告宣伝や時短営業、ネオン等の消灯などこれまでの取組みを継続するよう求めている。
 
都遊協では、「万一、遊技場においてクラスターが発生し、ガイドラインを実行していなかったとなれば、もはや弁明の余地はない。営業を再開する組合員店舗は、こうしたことを肝に銘じ、絶対に自店でクラスターは発生させない決意を持ってほしい」としている。
 

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。