| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20200329日 日曜日
GO

パチンコ業界ニュース

韓国 パラダイス 2019年カジノ収益23%増 アミューズメントジャパン2020年2月27日

パラダイスグループの2019年の連結売上高は前年比24・4%増の約9794.3億KRW(約888.7億円)、営業利益は同2,058.3%増の519.7億KRWと大幅な増収増益だった。同社はカジノを含む複合リゾート、旅行事業などを展開する、韓国を代表するレジャー企業。パラダイス・ウォーカーヒル、済州グランド、釜山カジノ、Paradise Cityの4つのカジノの収益の合計は、前年比23.2%増加し7838.9億KRW(711.3億円)だった。
パラダイス社の子会社で、仁川の統合型リゾート「Paradise City」を運営するParadise SegaSammyは営業利益を大きく増やし約20bnウォンとなりグループ全体の好業績に貢献した。
Paradise SegaSammyの売上は前年比53.9%増の4631.7億KRWで、この約8割がカジノ事業からの収益。「Paradise City」のカジノ収益の順調に拡大しており、第3四半期の収益は前年同期比59.4%増、第4四半期は同48.4%増。これにより、第3四半期から営業黒字に転換し、通年で営業利益は200.4億KRWになった。
4つのカジノ全体の第4四半期におけるソフト・ドロップ(※)1兆5190億KRW(1,378億円)の約3分の1を日本人客が占めている。※Soft Drop: The amount of cash exchanged for chips by customers at the table

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。