| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20200406日 月曜日
GO

パチンコ業界ニュース

JPSが玉屋と共同制作したPB機を発表/パチスロたまピー グリーンべると2019年12月10日

JPSがこのほど、パチスロ新機種『パチスロたまピー』を発表した。

同機は、《玉屋》の屋号で福岡県と佐賀県で16店舗を展開する、玉屋(福岡市中央区、山喜映一代表取締役社長)とJPSが共同で開発したプライベートブランド機(PB機)。単一型式のPB機では九州地方初となっている。筐体と7図柄には、玉屋のマスコットキャラクター「たまピー」が描かれており、親しみやすいデザインに仕上がっている。

設定は5と6の2段階設定となっており、大当たり確率は約1/139(設定5)と約1/116。タイプはボーナスタイプで、7揃いのBIG BONUS(最大獲得枚数195枚)と7・7・BAR揃いのBONUS GAME(同104枚)の2種類のボーナスを搭載。そして同機の特長でもある出玉率は、小役完全獲得のフル攻略なら約102%(設定5)と約103%(設定6)となっている。

演出面では、上部・下部パネルのフラッシュや消灯、ボタン停止音変化など、多彩な告知パターンを搭載。加えて出目でも楽しめるように様々なチャンス目も搭載している。

なお同機は、12月下旬より《玉屋》16店舗に順次導入予定となっている。

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。