| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
20190522日 水曜日
GO

パチンコ業界ニュース

歴代名機が甦る新内規対応機を発表〜西陣 グリーンべると2019年2月19日

 西陣はこのほどV確ST仕様のライトミドルタイプ『P V王Legend』を発表した。

 同機は新内規対応で確変継続率約87%の『XA』(1/199.90、確変時1/52.30、電サポ70or100回)と、確変継続率65%で、時短込みトータル継続率が約73%の『MC』(1/199.90、確変時1/48.15、ST100回)の2タイプ。

 初当たり後(3R)は電サポ「ジャスティ」に突入し、この間に大当たりすると必ずST「V-RUSH」に突入。『XA』はST100回+残保留ST4回の間に大当たりするとループする仕組み(『MC』はST50回+時短50回)。

 特に『XA』は電チュー入賞後の大当たり振り分けが3R(払出設計値約405個)は16%、10R(同約1,215個)は84%と10Rの比率が高くなるため、大量出玉に期待が持てる仕様となった。

 また液晶演出では90年代の人気を博した同社の羽根物、権利物、普通機(一発機)が登場し、各機種の役物アクションを実写映像で再現。V入賞で大当たりという明快なゲームフローとなっている。

 納品は3月17日からの予定。

実写演出収録機種
金棒くん(1988年)/ジェットライン(1988年)/おジョーズランド(1990年)/ジャスティ(1990年)/もちあげ隊(1990年)/カッパブギ(1991年)/メガホールド(1991年)/ラブモーション(1992年)/オメデタブラザース(1992年)/火の玉ボーイ(1992年)/ダービーキング(1992年)/獅子舞(1993年)/ラプソディ(1993年)/タコラーズ(1997年)

©NISHIJIN

各記事のタイトル・本文・写真などすべてのコンテンツの著作権は、株式会社ピーワールド、またはそれぞれの配信社に帰属します。掲載されている情報を許可なく、複製・転載・引用などを行うことは法律によって禁止されています。

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。