| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |

機種別掲示板

返信フォーム

ハンドル名:
メッセージ:

収支報告や交流、馴れ合い、削除議論は談話室でお願いします。

画像:  注意
認証コード:  保存
★注意
・「認証コード」をお持ちでない方は「発行所」で入手してください。
・プレミア画像等を投稿できます(jpg)。著作権にご注意!
・この機種に関係ないネタと反応を禁止。「掲示板のルール
・HP宣伝・中傷・削除議論・その反応も禁止。テーマ別掲示板へどうぞ。
・投稿を二次利用する際でも個人情報の利用はしません。

以下は、親記事のメッセージ内容です。

痛恨!激熱外し。 ラビータ さん 2016/09/20 火曜日 22:07
こんばんは。
いまさらのスレ立て失礼します。

着々と旧MAX機の撤去・回収が始まっており、昨日、打ち馴染んだリングの打ち納めに行ってきました。
そこで、とんでもない激熱外しに出会ったのです。
打ちはじめてすぐに、猫のカーリングから緑保留を赤保留に変化。擬似連×3回から呪いの着信の文字も金文字に。
リーチ成立後のボタンからは貞子が出現。両手も落下し、「きっとくる〜♪」の声とともに運命フラッシュも出現。
貞セグのカウントダウン赤から「鳴り止まない恐怖」の金タイトル。貞セグ完成から貞子終焉リーチに発展しました。
女子高生のカットインは4人、デフォのスピニングボタンがうずまき、そして...、

カフッ!
画面にノイズが走り、ハズレ。次回転へ。
ここまでエグいハズレをくらったのは久しぶりで、完全に萎えました。
この流れ、信頼度はどのぐらいだと思いますか?
また、これを越える激熱外しを食らった方いらっしゃいますか?
  1. レインボーの光り さん 2016/09/21 水曜日 14:37

    こんにちは。
    保留がいきなり赤保留から元凶は貞子に変わり貞子の手が下から出てきて疑似連3の呪いの着信文字がデンジャーで両手落下して終焉ではないスーパーリーチでタイトルが赤色、裏ボタンで金になり運命フラッシュ赤、金カットインのスピニングフラッシュ外れの復活なしでした。
  2. ヨポポイ さん 2016/09/21 水曜日 22:08

    こんばんは。
    ラビータさんも、レインボーの光さんもそれなりに熱いと言われる予告の複合型だとは思いますけど、よくはずれる流れですよね。私なら10%ぐらいしか期待しない流れです。熱そうに見えるけど実際は全然熱くないと思いますよww
  3. ひぐま怖い さん 2016/09/22 木曜日 12:57

    ラビータさん

    こんにちは。
    通常モード前提で五分五分くらいかな?と思います。デンジャー柄が1つでも絡んでたら俺的には80%超えます。かなり打ち込んでるけどデンジャー柄はまだ外した事がない。

    運命フラッシュの色が書いてないですね。あとカットインは3人か5人のはず。どちらも結構重要だと感じてます。

    赤/5人なら60%、白/5人なら50%、赤/3人なら30%、白/3人なら25%、くらいかなぁ。終焉でガセる可能性の高い3人はアカンです。

    あとは「打ち出してすぐ」が気になるところ。俺の実践上、飛び込み保留、保留1のみ、保留2個のみの場合に熱い外れが出やすいので期待度が格段に下がります。

    しかし熱い外れでもどこかしら不安要素があるので、ショック!というような激アツ外しは俺はあまり記憶にないですね。

    虹色レインボーさんのデンジャー絡み外したら(通常モードで)かなりショック受けると思います。他も十分強いですからね。

    ラビータさんも虹色レインボーさんのも「期待度10%で外れる流れのリーチ」とは思えません。これが外れる流れならもうデンジャーてんこ盛りや確定系しか当たらないですよね(笑)
  4. ラビータ さん 2016/09/22 木曜日 19:46

    みなさん、こんばんは。

    くだらない質問だったかもしれませんが、丁寧に回答してくださり感激です!

    運命フラッシュの色、女子高生のカットインについて言葉足らずでしたね。
    運命の色は白でした。カットインは5人でしたね。ちなみに保留は2個目でした。

    レインボーの光さんも、壮絶なる激熱ブレイク報告ありがとうございます。きっと日本チャンプが狙えるハズレですね。私だったら、それを食らって体調が悪くなりそうです(笑)

    ひぐま怖いさんもありがとうございます。その詳細な知識、お見逸れしました!
    また何か質問があった際には、是非また回答していただきたいです。それでは失礼します。
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら

YYBBS KENT