| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
トピック
キャベツのみじん切りキーマ風カレー コミキ 編集 (2021年09月26日 18時00分)評価
カレーの具材がなくて、スーパーで売っているキャベツのみじん切りを使ってみました。
すると、キャベツのみじん切りのブツブツがキーマカレーのようになって、味も気のせいか、入れてないひき肉の味がしました。なかなかの味です。

キャベツは大きくて重いので、きっと、スーパーに届けられるまでに多くの男性が関連していると思います。それによってダイエット効果が期待できるのでは?

その科学的証明は専門家に任せるとして、素人判断してみると、
1.男性の荒削りのイメージは脳に刺激になる→カロリー消費される
2、女性ホルモンがつくより男性ホルモンがつくほうがダイエット効果がありそう。

のせいかもしれません。

ここで話がそれますが、女性の多い職場で、男性がとりだされて悪く評価されたりするのは、職場での男性ホルモンの不足が原因では?

男性が少ない職場ではなるべくたくさん男性に近づいて、ホルモンバランスを整える事が必要だから、男性に固執する必要があるからでは?

それは、ホルモンバランスだけでなく、単に男性イメージをえるためにおきていると思います。

その女性の多い職場での"男性ではダメ"というレッテルは次のステップでおきているいと考えられる。

1.
バランス感覚が優れているある人が男性イメージ獲得のため個別の男性はダメだと発言する

2.
それを聞いた事務業務ばかりしている管理者がそれを鵜呑みして、その男性を悪評価してしまう。

3.
1.2.の事がたびたび起こり、"男性ではダメ"という考えを抱くようになる。

このような状況を起きないようにコールセンターでは、社員全員が知恵を絞って対策をするべきではないでしょうか?
 

■ 50件の投稿があります。
【5】  4  3  2  1  >
【50】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年05月21日 13時52分)

コールセンターのみならず、あらゆる職場で眠気は仕事を効率よく進めるための障害ではないでしょうか?
そこで、眠気の防止法として、こんな理論は使えないだろうか?
それは利き目と同じ(左右)が同じ手だけを使えば、目が覚めるという理論です。
例えば、ウインクをしてみて、閉じない方の目が利き目といわれるが、その閉じない方の手と同じ左右のどちらからの手を使えば目が覚めるという理論です。
左手を使えば、右脳が刺激されて、創造力が発揮できるといわれているが、人間の平常時は利き手だけを使っているのがほとんどなので、両手を使うと脳が非常事態だと判断するのではないでしょうか?そこで不安解消のために、眠気がおきるのでは?

あらゆる職場でコンピュータがたくさん使われているが、そこではタイピングで両手を使わなければならない。そのような状況では、上記の理論を使うと、必ず眠気が発生する可能性があるといえよう。

その理論を応用した対策は様々考えられると思うが、まず、そのひとつとして、タイピングの時間にを利き目と同じ手を使用する片手タイピングの時間を数分おきに設ける方法が考えられる。
片手タイピング(利き目と同じ側の手を使う)をすることによって、脳が非常事態ではないと感じとって、意識が高まる事が期待される。

近い将来は企業が利き手だけを使えるキーボードを開発することも考えられる援助であり、新しいビジネスともいえるのでは?
また、”利き目側手”をセットして、片手だけ使えるようにしたタイピングソフトをアプリの開発も考えられる手段では?

余談であり、キーテーマでもあるキャベツのみじん切り入りキーマ風カレーは、刺激があり、それが食べた後にすっきりとした気持ちにさせるものです。
物事には緩急があるものですが、両手を使う非常事態と片手を使う平穏な状態を使いわけられるようになれば、人はもっとメリハリをつける事ができると思う。
利き目と同じ側の手を使うタイピングの時間を好きな時に従業員ができるようになれば、あらゆる会社で、ブランドタッチにともなう眠気を減らすことができ、従業員の定着率をアップできると思われる。
【49】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年05月14日 14時10分)

コールセンターのみならず、あらゆる職場の就職面接ではリクルートスーツが理想的とされているが、その事が応募した男性に不利になっている原因ではないでしょうか?
近年の女性の職場への進出は、職場のでの男性ホルモンの不足を予想させる(男性ホルモンは社会奉仕性との関連が、ある調査で報告されているそうです)。
多くの面接官は男性でその人たちはおそらく、男性ホルモンを獲得できる男性と長く接したいと思うはずであろう。ところが、リクルートスーツのようなダークな服装は応募者や面接官の言動をシンプルにすませてしまう傾向がある点で問題があると思う。

面接官と応募者ともに男性の場合、お互いの話が比較的長くなると思われるグレーやホワイトのような薄い色のスーツを着用したほうがよいのではないでしょうか?
そうすることによって、お互いが男性ホルモンを獲得できる時間が長くなり、お互いの評価が良くなると思われる。

一方、女性が応募して面接を受ける場合は、ダークスーツが好まれると思われる。コールセンターのような女性が多い職場では、女性とはシンプルな会話ですませて、短時間で話をすますと高評価が期待できるかましれない。短時間の接客では女性が好まれるのはそのせいかもしれない。
 
女性が更年期に女性ホルモンが減るので、女性ホルモンだけに気をとられている問題の弊害はあまりに多く発生していて気づかない問題かもしれない。

キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーを食べて、男性ホルモンの強化をはかれば、女性の多い職場でも、男性と短時間会った時にその男性に高評価をだすことができるのではないでしょうか?

男性が男性とだけ長い時間接していられ女性と短時間に離れられる服装(模様や色)はどんな色なのだろう?専門家がそのような服装を研究しているのならば、女性の職場進出がなお一層う予想される現代、その事はマスコミに取り上げてほしいトピックです。、
【48】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年05月07日 18時13分)

コールセンターのみならず、あらゆる職場での求人は追加募集がほとんどだと思われる。その場合にどんな人材を採用するかが難しい可能性がある。
採用はルービックキューブの色合わせのようなものでないでしょうか?
一面を揃えるのは簡単だが、2面、3面になると難易度が増す。
職場の席がほんんと埋まっていると既存の従業員との相性が問題となってくる。
採用した人がすべての席に座っている従業員との相性が良い場合はまれだと思われる。
追加募集での募集では、なるべく指導担当者を指名して、その人との相性だけが良いのかだけをチェックするようにすれば、新しく採用された人の評価はよくなる確率が高くなる。
担当指導者以外の従業員はなるべく、親しい関係をさけるべきではないか?
従業員全員が新しく採用になった人から自己紹介を受けたからといって、次々にその人に話してしまうと、きっと、戸惑うと思う。人は順応性があり、つきあう相手によって姿勢を変えることができるものです。しかし、多くの人から声をかけられてしまっては、どのような性格にしてよいのか、せっぱつまってしまう可能性は高いと思う。

そのような理由で、追加募集は職場の従業員が多い場合は難しいと思われる。

この問題を解決するために、企業が追加従業員を募集する場合、なるべく空き席を埋めるのではなく、その空席を残したまま、他の居室を用意して、同部署の新しいグループ員として募集するなどの対策が必要だと思う。

人が住む住宅には応接間が日常使わない部屋として空けてあるのが慣習です。
企業も従業員を採用する場合は、空き席管理が重要だと思う。つまり、これからは家の応接間の割合に値する空席は確保して、新しい居室を借りるなどしてから従業員を募集するべきではないでしょうか?

企業の採用担当者がキャベツのみじん切り入りキーマ風カレーのような男性イメージのする食べ物をもっと食べれば脳活になり、上記のような採用方法(空き席を残したまま、新しい居室を借りて従業員を採用していく方法)がきっととれるはずです。
【47】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年04月30日 18時36分)

コールセンターの印象をよくすのに、漫画は利用できないでしょうか?
読み物は、表紙などから特徴をもっている。その特徴は短期間には、その印象が読んだ人にうつってしまうが、何度も長期間読んだりすると逆の印象がのりうつってしまうのでは?
コールセンターの管理者は、あまりにもシックないイメージの本を読み過ぎて、逆の乱暴なイメージがその人にうっつていると思う。
それは、管理者を担当していると思われる男性から多く受ける印象です。男性は管理者を担当する場合が多いが、まじめに仕事にとりこもうとするあまり、難しい本を読み過ぎて、若い頃読んでいた、漫画をよまなくなっている可能性がある。

女性は管理者としてでなく、現場担当者として、面接官になる機会が多いのか、男性面接官にみられるややぶっきらぼうなイメージはあまりみられないと感じました。

コールセンター特有の管理者と思われる面接官のその印象はコールセンターの分野の専門書と簿記などのカラーのバリエーションの違いからきているのではないでしょうか?

人は多くのカラーをめにすることで、精神のバランスを保持できると思う。簿記分野のカラーのバリエーションはコールセンター分野の本に比べてカラフルです。
コールセンターの管理者にもっとカラフルな本を長期に触れる機会を与えれば、コールセンターの面接官の印象も変わると思う。

コールセンターの本がカラフルに変われば、それは変わるだろうが、他の分野のカラフルな本や漫画を読むことでも、コールセンターの管理者のややぶっきらぼうなイメージは変わると思う。

そんな改善策は柔軟な脳の活性化が必要だが、食事に気をつけることはそれを得るために不可欠だと思う。

頭の柔軟化は男性ホルモンが有効でないでしょうか。ネットのある情報では男性ホルモンをとる社会奉仕能力が上がるらしい。新しい対策をすることも、社会奉仕の一部ではないでしょか?

キャベツを材料に使う料理は、脳活によいのでは?
キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーをたべて柔軟な思考力を皆さんにつけてほしいと思います。
この食べ物は、男性ホルモンが得られるだけでなく、男性が重いキャベツを運ぶイメージがする効果でも脳活によいと思う。

この料理を多くの人が食べて、コールセンターの管理者の印象も変われば良いと思います。
【46】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年04月23日 21時02分)

コールセンターで個性に応じてと名して、仕事を割り当てているうちに、その人によって、マルチで仕事をこなす人とそうでない人がでてくる。
それは、自分で仕事以外で取り組んでいる事が多い人は、専任の仕事が与えられる傾向があるのでは?
コールセンターはベルの鳴る職場なので、仕事を継続させるためには、その人にベルで警告される状況にして置かないといけない。コールセンターで継続して勤務できるためには、自分で仕事以外で取り組んでいることが少ない人は、会社から仕事を複数与えられて、何か忘れ物を警告されているような状況におかれなければならない。

そこで発生する問題は、自分で仕事以外の学習課題をみつけているタイプは、マルチの仕事が与えられず、会社から与えられた仕事をこなしていないように、感じられるケースではないでしょうか?こなしている仕事も少なくなりがちかもしれない。

仕事場で昇格が決定される場合は、自分で仕事以外で学習課題をみつけられていないタイプが先に昇格するケースも多く発生しているかもしれない。企業は自分で課題をみつけられないタイプの人を出世させる傾向があるのでは?

この問題を解決するには、コールセンターの管理者は新しい評価制度を開発するべきです。
仕事以外での自分の課題をみつけて、一見、仕事を次々にこなしていないように見える人にも、昇進の機会を与えるべきです。
能率主義が多くの企業で、採用されているなか、この矛盾はいつも発生しているのだろう。

自ら学ぶタイプの人が昇進できる、評価制度がコールセンターには必要だと思う。

キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーを食べれば柔軟な思考ができるはずです。材料のキャベツは重いので男性が運んでいるイメージがするので脳活になるはずですし、キャベツは男性ホルモンが増えるそうなので頭の柔軟になるはずです。

マルチで仕事をこなしている人だけが評価される制度は廃止するべきです。企業はその人のこなした数よりもその人の仕事に対する姿勢を重視した昇進制度を採用すべきです。
【45】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年04月16日 13時36分)

コールセンターに限らず、あらゆる職場で従業員の定着率をあげるに、弁当を作って食べることは効果があると思う。
弁当を自分で作ってくることは、刃物を使うことによるボケ防止効果だけでなく、従業員のあらゆるものに対する寛容度をアップする効果もあると思う。
弁当はいつも同じのプラスッティック容器を使うことがほとんどだが、それが寛容度アップに貢献していると考えられる。
いつも使うプラスッティック容器が醸し出す、何ともいえない、フレッシュの逆の印象が、従業員の寛容度に影響すると思われる。
すぐに、やめてしまう従業員の一部はコンビニで買ったフレッシュのイメージの影響を受け、寛容度が低下してしまっている理由で、あえなく、退職してしまっているのかもしれない。

長期勤続を目標とした料理の提供がコンビニに求められる。従業員の定着率アップにはいろいろな対策が考えらえると思われるが、例えば、まず、あまりにもおいしい料理だけ提供しすぎない事があげられる。その次に弁当の種類を増やす事があげられる。

その他、思考をこらした、定着率をアップできるコンビニ弁当の開発が必要でしょう。

弁当から話がそれますが、キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーは、料理に対する寛容度をアップにつながると思う。
人は固定パターンやリピートを繰り返して他者にアピールする時があるが、それが過ぎると自分が変化に対応できなくと考えられる。
ある程度の固定パータンを繰り返す事で人にアピールする事も大事だが、自分がある程度の場面変化に対応できるためには、時々、変わった食事をとる必要があるのでは?
キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーは普段食べないメニューなので、企業の従業員の定着率アップすることに貢献するはずである。
是非、作って食べてみてください。
【44】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

賭博破戒録アカギ (2022年04月12日 11時00分)

 ククク…

 コールセンター・オペレーター関係のボヤキのように見えてたけど…
 実はカレー屋さんとか?w
【43】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年04月09日 23時25分)

コールセンターのオペレータが長期で勤務することは難しいのは、電話のコールがなる機会が多くある事が理由にあげられると思う。
コールの音は何か警告しているニュアンスがある。
長期で勤務するためには、自分の精神状態がそれにふさわしい状態に自らしておかなければならいでしょう。
それには、業務難易度をいつも高くするために、マルチな任務がかせられる必要が出てくる。
また、そのマルチな任務がかせられてない場合は、自分で他の仕事以外の事も取り組む必要がある。
そんなコールの音がふさわしい状況を従業員全員にかしていくことは企業にとって容易ではないでしょう。

マルチな仕事を課さずに従業員が長期で勤務できるためにはベルの鳴らないオフィスを構築する方法もあるでしょう。
受信を発信にするシステムもあるということなので採用したいシステムではないでしょうか?

自分のを天職を色々探している時も、コールの音がふさわしい状況といえるのでは?
いっその事コールセンターに他の企業でコールセンターでない職種を紹介するコーナーを設置する手はいかがでしょうか?

企業が人にふさわしい職種を提供するのは
悪い事ではないと思う。

キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーは頭を柔軟にするのに良いのでは?

コールセンターは女性が多く、男性イメージが不足している。
キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーを食べれば、重いキャベツを運ぶ男性のイメージがして脳がリフレッシュされると思う。

もちろん、重い材料や粉になっていて男性が運ぶイメージがする物であれば良いのだと思います。
【42】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年04月02日 09時27分)

コールセンターだけでなく、各種職場で採用時に応募者の評価する場合に、大事な事は採用者に課したテストの結果だけで評価するのではなく、
それ以外の能力を採用担当者が評価する事であると思う。
あえて、採用者の基準にしてほしい事に述べのなら、次の事を思いつく。
それは、その人のテストの評価だけでなく、その人の存在で回りの人がどのような成績を残せるかも評価する事でも大事だと思う。
性格テストにもいろいろあると思うが、そような性格テストもあるのだろう。
そのような性格テストがあるゆる規模の企業で採用されるべきだと思う。

キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーを食べれば、柔軟な思考ができるようになり、
ある固定した基準にこだわる固定ぎみの採用が各種採用基準による柔軟な採用ができるようになるのでは?

というのは、キャベツは男性が運んでいるイメージがするので、脳活になると考えられるからです。そのほか、男性ホルモンを増やすそうなので、
社会奉仕能力アップにつながると思うからです。

また、女性の社会進出で男性の男性ホルモンを男性同士で補える機会が減っていることも、人が気づきにくい漸増している問題だと思う。
その悪影響を減らすためには、男性ホルモンの影響の「社会奉仕性」が世間一般に広まる事が大事だと思う。
そして、男性だけでなく女性も女性と多く接した後に起こると思われる、男性への因縁、嫌悪などを防止するためには日常のホルモンバランスへの心遣いが大事だと思う。

人間性は人が共感できる評価基準だと思う。
それは、過度の偏ったホルモンバランスである人間も受容することも含まれると思われる。
また、そのような特徴のある人がいて、相対的にそうでない人がひきたってみえるものである。
【41】

RE:キャベツのみじん切りキーマ風...   編集  評価

コミキ (2022年03月26日 14時46分)

ネットで男女の年令によるホルモン変化が調べらるが、その変化をみて次のように思いました。

男女でテスト(流動的なものと知識的なものの総合性が必要なもの)で高成績を上げられる時期が違っていると予想できることです。

そのような総合的知能をみようとするテストは、知識を普段からコツコツと学習できる期間とその期間から流動的情報に対応できる刺激が加わる環境が必要になると思います。
それは、男性では男性ホルモンが増える20歳から30歳の間に起こっていると思われます。もちろん、個人によって様々であるのは当然ですが、
一般的にはその時期がテストで好成績が期待できそうと予想される。

一方、女性はそのような学習期間から流動的な情報に対応できる刺激が加わる時期(テストで高成績を上げる期間)は男性のその期間よるおそい時期に起こっていると考えられる。
その為、女性は知識を男性よりを蓄積した形で爆発できていると予想される。女性は子供を産むのに適していると考えられる時期に我慢強さだけでなく、知識も蓄積できていると思われる。
とりだされる、健康問題に更年期があげられるが、女性はこの時期に総合テストで高成績があげられいるチャンスを与えられいるのでは?
他の人とくらべて、際立った先鋭な知識と流動的に情報に対する能力が、この時期の女性が目立ってアップするため、
精神的に不満がつのっているというシュミレーションが頭のなかで、想像できる。

男性が知識や管理業務などに興味をもつのは男性ホルモンが少なくなる高齢者になってからだと考えられる。

コールセンターの採用でこれらの考察を考慮した採用会議では、次の想定モデルを示したい。

採用担当部部長A:「女性は高年齢でテストにその成果が表れるので、高齢の女性をもっと採用しよう。」
採用面接担当者B:「男性は女性よりも、テストで好成績を出せる時期が若い時期に起きるため、男性のテストの結果が悪いのはその為だと思います。」
配属職場係長C:「実務での問題として、男性が若い時期には知識よりもコミュニケーション能力のアップを望む者が多いため、
        また、女性よりも管理業務や一般知識に対して興味を持つのが高齢者になってから起こるため、
        女性の若い男性に対しての実務知識面での評価が高齢男性に比べて悪くなりがちなのも問題です。」
採用面接担当者B:「性別年齢別に評価してみは?」
採用担当部長A:「テストの評価が精密にするのに、時間とコストがかかる」
採用職場係長C:「テストの評価は採用において参考にするだけにするのは良いと思います。」
採用面接担当者B:「応募者に面接やテストを受けていただくことは、他の応募者と面接官と時間共有することになり、その応募者の今後の自己啓発につながっていると予想されます。」
採用担当部長A:「ある意味では、、テストを行う事自体が、我々が面接で人間性を重視して採用するという方向に向かわせているとも言えるね。」

この会話モデルを利用していただきたいです。

タイムリーな話題に対する対応など、柔軟力発揮には男性ホルモンが良い効果があるのでは?
キャベツのみじん切り入りキーマ風カレーは男性ホルモンアップだけでなく、重い物のを運ぶ男性イメージによる脳活になると思う。
高成績を上げたい時、人と交流したい時にこの料理を作ってみては?

もちろん、人には刺激が大事なので、この料理だけとるのではなく、色々なメニューの一つにするのが良いと思います。
【5】  4  3  2  1  >
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら