| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CR RAIZINMAN 2000×α

機種情報

閉じる

メーカー
A-gon
型式名
CR RAIZINMAN Z
タイプ
羽根物
仕様
右打ち
時短システム
大当り後0or3回
賞球数
1&3&5&15
大当り出玉
2025個
ラウンド
16(実15)
カウント
9
備考
※小当り確率(7セグ) 約1/5 ※通常時77確率(7セグ) 12%(小当り時) ※時短突入51%

台紹介

デジタル抽選(7セグ)とアナログ抽選(3段クルーン)が融合したパチンコ機として『CR RAIZINMAN2000×α』が登場した。

本機は、7セグによる抽選でアタッカーを開放。アタッカーに入った玉が3段クルーン役モノを突破し、V入賞すれば大当り(2,025発獲得可能)となるゲーム性となっている。

さらに、大当り終了後は電サポモードへ突入する可能性があり、連続して大当りを獲得できるチャンスとなる。


出玉のカギとなる電サポ3回転の「雷神チャンス」は、初回大当り後の「イナズマルーレット」で「チャンスゾーン」に停止した場合に突入。

滞在中は電サポ3回転+残保留2個の最大5回抽選が行われ、電サポ中の大当り後は再び「雷神チャンス」へ突入する。


スペックは、小当り確率(7セグ奇数揃い)が約1/5、初回大当り後51%の確率で時短3回転の「雷神チャンス」へ突入する。

閉じる

ゲームの流れ

●基本的な打ち方
常に盤面上の「ここを狙え」部分を狙う。


●ゲームの流れ

①GOスタート
「GOスタート」に玉が入賞すれば「7セグ」が回転。
※保留1・2は1~2回転、保留3・4は1回転(法則性あり)

②7セグ
奇数のゾロ目揃いで「上アタッカー」が開放。[77]揃いなら7回、[77]以外の奇数揃いなら1回開放となる。
※[77]揃い確率は小当り時の12%

③上アタッカー
「上アタッカー」で拾われた玉は、一旦「3段クルーン」手前にストックされ、一斉にクルーン内へ突入する。

④3段クルーン
上段・中段・下段に3つ穴クルーンがあり、当り穴に玉が入れば下のクルーンへ進む。
※当り穴は全て奥に存在

⑤V入賞
下段クルーンの当り穴に玉が入ればV入賞となり大当り(2,025発獲得可能)が開始。
※最初にV入賞した玉が有効

⑥大当り
大当り中は、盤面右下のアタッカーが開放。

⑦イナズマルーレット
初回大当り終了後は時短獲得チャレンジ「イナズマルーレット」が発生。

「チャンスゾーン」にルーレットが停止すれば成功となり、電サポ3回転の「雷神チャンス」へ突入する。

失敗した場合は、通常モードへ移行する。

閉じる

初打ちレクチャー


常に盤面上の「ここを狙え」部分を狙う。


通常時は、「7セグ」に奇数のゾロ目揃いで「上アタッカー」が開放し、玉が拾われれば「3段クルーン」へ突入。

[77]揃いなら7回開放されるため、「3段クルーン」へ複数個の突入が期待できる。

閉じる

フロー&モード


●雷神チャンス
初回大当り後の「イナズマルーレット」で「チャンスゾーン」に停止した場合に突入する、電サポ3回転のモード。

雷神チャンス

初回大当り後の「イナズマルーレット」で「チャンスゾーン」に停止した場合に突入する、電サポ3回転のモード。

滞在中は電サポ3回転+残保留2個の最大5回抽選が行われ、小当り当選時は必ず[77]が揃いV入賞のチャンスとなる。
※電サポ中の[77]揃い時は「上アタッカー」が13回開放

また、電サポ中の大当り後は再び「雷神チャンス」へ突入する。


規定回数終了後は、通常モードへ移行する。

閉じる

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:142

この機種の掲示板の投稿動画・画像数:3

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

CR RAIZINMAN 2000×α

(C)A-gon

検定番号:7P1825
導入開始:2018年05月

関連機種

CR RAIZINMAN 1200×α CR RAIZINMAN 1200×α

統計情報

調査日:2018/5/20

設置台数 ranking

導入率

機種アクセス数 ranking

掲示板アクセス数

設置店検索 ranking

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。