| P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
パチンコ店情報 機種インデックス 求人インデックス 商品インデックス
| 設置台数ランキング | 設置状況リポート | 人気投票ランキング | 機種掲示板 |

CRAびっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載 竜バージョン

設置店検索

この機種を設置している店舗は、全国に 132 店舗あります。(2017/06/25現在)

県名 市区郡

調査日:2017/6/24

集計情報

閉じる

導入開始:2010年04月
人気投票:第200位以下 設置台数:圏外 導入率:%

詳細情報(スペック)

閉じる

タイプ デジパチ
仕様 突然確変、潜伏確変、出玉振分、ST、8個保留、モード
大当り確率 1/99.4 → 1/9.94
確変率 100%
確変システム 5回転まで
時短システム ST終了後0or20or45or95回
平均連チャン数 2.6回
賞球数 3&3&10&13
大当り出玉 約490 ~ 1480個
ラウンド 5or15
カウント 9

大当り図柄

15R大当り図柄
大当り図柄
大当り図柄

閉じる

台紹介

シリーズ初の遊パチタイプ『CRぱちんこ必殺仕事人Ⅲ 祭バージョン』に、15R大当りを搭載した『CRぱちんこ必殺仕事人Ⅲ 15R搭載 竜バージョン』が登場。

大当り確率は1/99.4、全ての大当り後に5回転のST(回数区切り確変)「必殺ゾーン」に突入するSTタイプといった流れは祭バージョンと同じになっている。

特筆すべきは、その名のとおり15R大当りを搭載している点。
その出現割合は出玉アリ時のなんと17.5%に及び、まさに遊パチの遊びやすさと出玉感も兼ね備えたスペックといえるだろう。


演出面での見所は、大当り時に必ず訪れる「お祭り連打」。
揃った図柄をボタン連打で切り裂き、見事に竜図柄になれば15R大当りだ。


また、リーチ、カットイン予告、ウィンドウステップアップ予告などで竜が出現すれば、その時点で嬉しい15R確定だぞ。


もちろん、「稲妻閃光予告」「豪剣フラッシュ」「主水SPリーチ」といった3大アクションは本機でも健在だ。

閉じる

ゲームの流れ


通常時に突入する「忍ゾーン」は2R当りor小当りから突入する5回転限定のチャンスゾーンで、5回転以内に忍を捕らえれば大当りだ。

●必殺ゾーン(ST5回転+時短)

また、全ての大当り後は5回転限定のSTに突入し、疑似連の「刺客撃退演出」を経てリーチに発展すればチャンス。

STを抜けると、20or45or95回転の時短へ突入。

●竜図柄揃い(15R大当り確定)

閉じる

初打ちレクチャー


本機は15R大当りを搭載したことにより、遊パチの遊びやすさと出玉感も兼ね備えたスペックになっているのが特徴。

ただし、出玉のない2R当りの割合が大当り全体の2割を占めるため、遊パチといっても波は荒くなりがちな傾向にある。

●竜図柄揃い(15R大当り確定)

いずれにせよ、ST中の大当りと15R大当りのヒキが大量出玉のカギとなるだろう。


演出面では3大演出以外に、保留先読み演出である「お祭りゾーン」の期待度が高い。


また、従来のシリーズ同様、予告、リーチ、カットインなどでの「竜」登場はプレミアだ(15R大当り濃厚)。

閉じる

フロー&モード

●忍ゾーン

通常時に突入する「忍ゾーン」は2R当りor小当りから突入する5回転限定のチャンスゾーンで、5回転以内に忍を捕らえれば大当りだ。

●必殺ゾーン(5回転のST+時短)

また、全ての大当り後は5回転限定のSTに突入し、「刺客撃退演出」が展開。
倒した刺客が多いほど期待度UPとなる。

リーチ成立時に「主水」や「高坂弾正」登場なら大当り確定!?

必殺ゾーンで大当りを引かなかった場合は20or45or95回転の時短へ移行。

●竜図柄揃い(15R大当り確定)

ちなみに、時短95回転の突入条件は「15R大当り終了後」もしくは「必殺ゾーンor時短中の2R当り終了後」となっている。

掲示板

閉じる

この機種の掲示板の投稿数:412

機種評価(人気投票)

閉じる

評価項目   評価点  
デザイン まさに芸術品 さいあく
ゲーム内容 超おもろい つまらない
依存度 もう中毒 絶対はまらん
勝率 勝ちっぱなし 負けてばかり
1ヶ月後は? 絶対打ってる 忘れてる
感心するところ

評価一覧 >>

関連商品

閉じる

CRAびっくりぱちんこ必殺仕事人III 15R搭載 竜バージョン

(C)松竹、ABC, (C)KYORAKU

メーカー メーカーHP
京楽 京楽

関連機種

-

PR

P-WORLD P-WORLDに掲載の記事・情報・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。