| トップページ | P-WORLDとは | ご利用案内 | 会社案内 |
■ 2,945件の投稿があります。
<  295  294  293  292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  【56】  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1  >
【555】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 13時05分)




五、疑 (ぎ)うたがい とは

物事を信じる事が出来ず疑ってしまう



煩悩とは迷いや苦しみの原因。唯識論では煩悩を以下の三十四に分類している。

 一、貪(とん) むさぼり

 二、瞋(しん) いかり

 三、癡(ち) おろか

以上の三つまでが三毒煩悩

 四、慢(まん) おごり 他と比較した上でのおごり

 五、疑 (ぎ) うたがい

 六、悪見(あくけん) あやまり

六番目の悪見を五つに分けると全部で十になる。これを十根本煩悩という

 六、有身見(うしんけん) 我執の心。我が身と人の身、我が物と人の物をきびしく分かつ見方

 七、辺見(へんけん) 一辺に固執した見方

 八、邪見(じゃけん) 因果を否定する見方

 九、見取見(けんじゅけん) 自分の考えに固執する見方

 十、戒禁取見(かいこんじゅけん) 自分の行動に固執する見方

小随煩悩(しょうずいぼんのう)

六根本煩悩に付随する煩悩を随煩悩という。その中で三毒を根元とする煩悩を小随煩悩という

 一、忿(ふん) 激怒の心。「瞋」を根元とする

 二、恨(こん) 恨みの心。「瞋」を根元をする

 三、覆(ふく) 罪をかくす心。「貪」、「癡」を根元とする

 四、悩(のう) いらだち悩む心。腹立ちや恨みから、ひがんだり悩んだりする心をいう。「瞋」を根元とする

 五、嫉(しつ) ねたみの心。「瞋」を根元とする

 六、慳(けん) 物おしみの心。「貪」を根元とする

 七、誑(おう) たぶらかしの心。「貪」、「癡」を根元とする

 八、諂(てん) へつらいの心。「貪」、「癡」を根元とする

 九、害(がい) 無慈悲に他を害する心。「瞋」を根元とする

 十、〓(きょう) おごり高ぶりの心。〓は比較しないでおごることとされる。「貪」を根元とする

中随煩悩(ちゅうずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩と共に働く煩悩を中随煩悩という

 一、無慚(むざん) 「自分自身と真理」に恥じることがない心

 二、無愧(むき) 「世間」に対して恥じることがない心

大随煩悩(だいずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩を生じさせる煩悩を大随煩悩という

 一、掉挙(じょうこ) 昂ぶった心、落ち着きのない心

 二、昏沈(こんちん) 沈んだ心

 三、不信(ふしん) 不信心な心

 四、懈怠(けたい) 怠惰な心

 五、放逸(ほういつ) だらしない心 「汝ら、放逸なることなかれ」 釈尊の臨終の言葉として有名である

 六、失念(しつねん) 誓願を忘れる心

 七、散乱(さんらん) 散乱する心

 八、不正知(ふしょうち) 真理を誤解する心

不定(ふじょう)

時と場合によって善にも悪にもなる煩悩

 一、悪作(おさ) 後悔する心

 二、睡眠(すいみん) 眠たい心

 三、尋(じん) 浅い推しはかる心

 四、伺(し) 深い推しはかる心

 

【554】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 13時03分)




四、慢(まん)おごり とは

自分は凄いということを他人に誇りたがる傲慢な態度



煩悩とは迷いや苦しみの原因。唯識論では煩悩を以下の三十四に分類している。

 一、貪(とん) むさぼり

 二、瞋(しん) いかり

 三、癡(ち) おろか

以上の三つまでが三毒煩悩

 四、慢(まん) おごり 他と比較した上でのおごり

 五、疑 (ぎ) うたがい

 六、悪見(あくけん) あやまり

六番目の悪見を五つに分けると全部で十になる。これを十根本煩悩という

 六、有身見(うしんけん) 我執の心。我が身と人の身、我が物と人の物をきびしく分かつ見方

 七、辺見(へんけん) 一辺に固執した見方

 八、邪見(じゃけん) 因果を否定する見方

 九、見取見(けんじゅけん) 自分の考えに固執する見方

 十、戒禁取見(かいこんじゅけん) 自分の行動に固執する見方

小随煩悩(しょうずいぼんのう)

六根本煩悩に付随する煩悩を随煩悩という。その中で三毒を根元とする煩悩を小随煩悩という

 一、忿(ふん) 激怒の心。「瞋」を根元とする

 二、恨(こん) 恨みの心。「瞋」を根元をする

 三、覆(ふく) 罪をかくす心。「貪」、「癡」を根元とする

 四、悩(のう) いらだち悩む心。腹立ちや恨みから、ひがんだり悩んだりする心をいう。「瞋」を根元とする

 五、嫉(しつ) ねたみの心。「瞋」を根元とする

 六、慳(けん) 物おしみの心。「貪」を根元とする

 七、誑(おう) たぶらかしの心。「貪」、「癡」を根元とする

 八、諂(てん) へつらいの心。「貪」、「癡」を根元とする

 九、害(がい) 無慈悲に他を害する心。「瞋」を根元とする

 十、〓(きょう) おごり高ぶりの心。〓は比較しないでおごることとされる。「貪」を根元とする

中随煩悩(ちゅうずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩と共に働く煩悩を中随煩悩という

 一、無慚(むざん) 「自分自身と真理」に恥じることがない心

 二、無愧(むき) 「世間」に対して恥じることがない心

大随煩悩(だいずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩を生じさせる煩悩を大随煩悩という

 一、掉挙(じょうこ) 昂ぶった心、落ち着きのない心

 二、昏沈(こんちん) 沈んだ心

 三、不信(ふしん) 不信心な心

 四、懈怠(けたい) 怠惰な心

 五、放逸(ほういつ) だらしない心 「汝ら、放逸なることなかれ」 釈尊の臨終の言葉として有名である

 六、失念(しつねん) 誓願を忘れる心

 七、散乱(さんらん) 散乱する心

 八、不正知(ふしょうち) 真理を誤解する心

不定(ふじょう)

時と場合によって善にも悪にもなる煩悩

 一、悪作(おさ) 後悔する心

 二、睡眠(すいみん) 眠たい心

 三、尋(じん) 浅い推しはかる心

 四、伺(し) 深い推しはかる心

 

【553】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 12時42分)


「あの人の心は煩悩に塗れている」「煩悩のかたまり」など、あまりよい意味で使われることのない煩悩。

とは言え、煩悩という言葉の意味をきちんと知っているという方は、以外と少ないのではないでしょうか。

意味がわからないにも関わらず、「煩悩を捨てなさい」と言われると、自分が未熟者と言われたようで何となくガッカリしたような気分になってしまいませんか。

このように、私達の心を非常に惑わす煩悩という言葉ですが、煩悩にはそもそもどのような意味があるのでしょう?

【552】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 12時38分)


昔から日本では「たくさんの」という意味があるものに、8という数字を使っていました。例えば、八百万の神も実際に八百万の神様がいるわけではなく、それくらい無限にいるという意味です。このことから、煩悩の数が108と言われるのも、本当に108あるわけではなくたくさんの数という意味があると言われています。

【551】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 12時35分)


ちなみに
除夜の鐘は、煩悩の数だけ撞くと言われています。

このことから、世の中に108あると言われている煩悩の数だけ鐘を撞くのです。

しかし、煩悩の数が108というのは「たくさん」という意味もあることから、必ずしも108回撞くわけではなく、お寺によっては200回以上撞くところもあります。


【550】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

もぐさ. (2019年03月13日 13時47分)

◆いただきだ〜 さん


別に連投自体がイカンとか、了見の狭いコト言ってるワケじゃなくて…

限度ってモノがあるでしょ?


例えば…トピ主が長期間不在とかで、特定の人だけが出入りして結果的に連投状態になるとか

或いは…訪問者が長期間無しとかで、トピ主が更新を兼ねて書き込みして連投状態になるとか


ほかは…テーマやスレッド毎に数レスに跨いで伝えたい時もある。

または…大所帯になれば参加者多数により個別レスも増えてくる。

まとめて個レスする場合もあれば、別個に返レスする場合もあるし…

             ・・・・・・
たまたま連投になった場合と意図的な妨害は意味が違う。
    ・・・・・・・
要するに見境もなく連投するのがオカイシと言ってるんです。
 
【549】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

もぐさ. (2019年03月14日 23時39分)

           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼
           ▼  ▼

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

その「あり得ないコト」を先導する連中が居るようです。


その件が出て良い機会と思ったけど、触れてよいモノか…

__________________________

           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
           ▲  ▲
【548】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 12時23分)


これを人間が持っている三毒と仏教では言います。
貪・瞋・癡は人間の心の中にあり、
人間にとって最大の敵なのです。

【547】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 11時14分)



三、癡(ち)おろか とは

物事の道理に暗く実体のないものを真実のように思いこむこと


煩悩とは迷いや苦しみの原因。唯識論では煩悩を以下の三十四に分類している。

 一、貪(とん) むさぼり

 二、瞋(しん) いかり

 三、癡(ち) おろか

以上の三つまでが三毒煩悩

 四、慢(まん) おごり 他と比較した上でのおごり

 五、疑 (ぎ) うたがい

 六、悪見(あくけん) あやまり

六番目の悪見を五つに分けると全部で十になる。これを十根本煩悩という

 六、有身見(うしんけん) 我執の心。我が身と人の身、我が物と人の物をきびしく分かつ見方

 七、辺見(へんけん) 一辺に固執した見方

 八、邪見(じゃけん) 因果を否定する見方

 九、見取見(けんじゅけん) 自分の考えに固執する見方

 十、戒禁取見(かいこんじゅけん) 自分の行動に固執する見方

小随煩悩(しょうずいぼんのう)

六根本煩悩に付随する煩悩を随煩悩という。その中で三毒を根元とする煩悩を小随煩悩という

 一、忿(ふん) 激怒の心。「瞋」を根元とする

 二、恨(こん) 恨みの心。「瞋」を根元をする

 三、覆(ふく) 罪をかくす心。「貪」、「癡」を根元とする

 四、悩(のう) いらだち悩む心。腹立ちや恨みから、ひがんだり悩んだりする心をいう。「瞋」を根元とする

 五、嫉(しつ) ねたみの心。「瞋」を根元とする

 六、慳(けん) 物おしみの心。「貪」を根元とする

 七、誑(おう) たぶらかしの心。「貪」、「癡」を根元とする

 八、諂(てん) へつらいの心。「貪」、「癡」を根元とする

 九、害(がい) 無慈悲に他を害する心。「瞋」を根元とする

 十、〓(きょう) おごり高ぶりの心。〓は比較しないでおごることとされる。「貪」を根元とする

中随煩悩(ちゅうずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩と共に働く煩悩を中随煩悩という

 一、無慚(むざん) 「自分自身と真理」に恥じることがない心

 二、無愧(むき) 「世間」に対して恥じることがない心

大随煩悩(だいずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩を生じさせる煩悩を大随煩悩という

 一、掉挙(じょうこ) 昂ぶった心、落ち着きのない心

 二、昏沈(こんちん) 沈んだ心

 三、不信(ふしん) 不信心な心

 四、懈怠(けたい) 怠惰な心

 五、放逸(ほういつ) だらしない心 「汝ら、放逸なることなかれ」 釈尊の臨終の言葉として有名である

 六、失念(しつねん) 誓願を忘れる心

 七、散乱(さんらん) 散乱する心

 八、不正知(ふしょうち) 真理を誤解する心

不定(ふじょう)

時と場合によって善にも悪にもなる煩悩

 一、悪作(おさ) 後悔する心

 二、睡眠(すいみん) 眠たい心

 三、尋(じん) 浅い推しはかる心

 四、伺(し) 深い推しはかる心

 

【546】

RE:「シナサイ」の世界   編集  評価

take(≧∀≦) (2019年03月13日 11時12分)



二、瞋(しん)いかり とは

自己中心的な心で、怒ること、腹を立てること


煩悩とは迷いや苦しみの原因。唯識論では煩悩を以下の三十四に分類している。

 一、貪(とん) むさぼり

 二、瞋(しん) いかり

 三、癡(ち) おろか

以上の三つまでが三毒煩悩

 四、慢(まん) おごり 他と比較した上でのおごり

 五、疑 (ぎ) うたがい

 六、悪見(あくけん) あやまり

六番目の悪見を五つに分けると全部で十になる。これを十根本煩悩という

 六、有身見(うしんけん) 我執の心。我が身と人の身、我が物と人の物をきびしく分かつ見方

 七、辺見(へんけん) 一辺に固執した見方

 八、邪見(じゃけん) 因果を否定する見方

 九、見取見(けんじゅけん) 自分の考えに固執する見方

 十、戒禁取見(かいこんじゅけん) 自分の行動に固執する見方

小随煩悩(しょうずいぼんのう)

六根本煩悩に付随する煩悩を随煩悩という。その中で三毒を根元とする煩悩を小随煩悩という

 一、忿(ふん) 激怒の心。「瞋」を根元とする

 二、恨(こん) 恨みの心。「瞋」を根元をする

 三、覆(ふく) 罪をかくす心。「貪」、「癡」を根元とする

 四、悩(のう) いらだち悩む心。腹立ちや恨みから、ひがんだり悩んだりする心をいう。「瞋」を根元とする

 五、嫉(しつ) ねたみの心。「瞋」を根元とする

 六、慳(けん) 物おしみの心。「貪」を根元とする

 七、誑(おう) たぶらかしの心。「貪」、「癡」を根元とする

 八、諂(てん) へつらいの心。「貪」、「癡」を根元とする

 九、害(がい) 無慈悲に他を害する心。「瞋」を根元とする

 十、〓(きょう) おごり高ぶりの心。〓は比較しないでおごることとされる。「貪」を根元とする

中随煩悩(ちゅうずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩と共に働く煩悩を中随煩悩という

 一、無慚(むざん) 「自分自身と真理」に恥じることがない心

 二、無愧(むき) 「世間」に対して恥じることがない心

大随煩悩(だいずいぼんのう)

随煩悩の中で他の煩悩を生じさせる煩悩を大随煩悩という

 一、掉挙(じょうこ) 昂ぶった心、落ち着きのない心

 二、昏沈(こんちん) 沈んだ心

 三、不信(ふしん) 不信心な心

 四、懈怠(けたい) 怠惰な心

 五、放逸(ほういつ) だらしない心 「汝ら、放逸なることなかれ」 釈尊の臨終の言葉として有名である

 六、失念(しつねん) 誓願を忘れる心

 七、散乱(さんらん) 散乱する心

 八、不正知(ふしょうち) 真理を誤解する心

不定(ふじょう)

時と場合によって善にも悪にもなる煩悩

 一、悪作(おさ) 後悔する心

 二、睡眠(すいみん) 眠たい心

 三、尋(じん) 浅い推しはかる心

 四、伺(し) 深い推しはかる心

 

<  295  294  293  292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282  281  280  279  278  277  276  275  274  273  272  271  270  269  268  267  266  265  264  263  262  261  260  259  258  257  256  255  254  253  252  251  250  249  248  247  246  245  244  243  242  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  230  229  228  227  226  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  214  213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203  202  201  200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177  176  175  174  173  172  171  170  169  168  167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146  145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87  86  85  84  83  82  81  80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60  59  58  57  【56】  55  54  53  52  51  50  49  48  47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1  >
メンバー登録 | プロフィール編集 | 利用規約 | 違反投稿を見付けたら